2020QUATRO CUBE82

2020QUATRO CUBE
2020
2020QUATRO CUBE
2020
2019QUATRO CUBE
2019
2020QUATRO CUBE
2020
2019QUATRO CUBE
2019
2019モデル81Lスペック
長さ218㎝ 幅56㎝ 厚み11.5㎝
ノーズ幅40.5㎝
テイル幅36.0㎝

2020モデル82Lスペック
長さ220㎝ 幅56.5㎝ 厚み12.5㎝
ノーズ幅38.8㎝
テイル幅36.8㎝
2020QUATRO CUBE
20202019QUATRO CUBE
2019
2017-19年まで継続され2020年にモデルチェンジされました。
スペックを見てもらえれば、おおよその違いは分かると思いますが、ノーズ幅が細くなった事と、センターに厚みを増やしてレイルのボリュームを落とした事が一番の違いです。スピードが出た際のレイルの入れやすさを重視し、より上級者好みの乗り味にしたと感じます。
19モデルは一般的には乗り易い評価だったと感じています。走り出しも良かったしスピードがありました。吹いてセイルパワーやスピードが上がった際の波乗りには、自分の体重にはレイルの厚みを感じていました。
20モデルの方が吹いてもレイルを入れるのが楽だと感じます。その分、従来の走りは感じないと思います。
19モデルの乗り易さは20モデルのPOWER(FreeWave)に持たせたので、乗り易さや走りを求める方にはPOWERをおすすめします。