CHINOOK BOOM

流石、老舗のリグパーツメーカーと思える細部の工夫が施されたNewモデル(2017)をリリースしたCHINOOK。
AERON同様に長きに渡り自分も使いお店で扱っていますが、グリップ剥がれもありませんし、最も壊れないBOOMとして自信を持っておすすめします。
高いなりに細部にこだわりがあります。 
CHINOOK アルミブームエンド
Pro1アルミブームエンド。テイル部分を円形でなくす事によりタワミを軽減。
CHINOOKカーボンブームエンド
カーボンブームのエンド。アルミ同様に円形にせずタワミを軽減。
CHINOOK RDGアルミエンド 
RDGアルミブームエンド。
CHINOOK WAVEエンドクリート 
 
CHINOOK WAVEエンドクリート
WAVEやFreeRide用のエンドクリート。NEILやAERON同様にループを掛けるだけでシートワークが完了するようになりました。アウトホールのテンションが左右対称になる工夫がされている点が流石CHINOOKと思える作りです。 
CHINOOK RACEエンドクリート
RACEエンドはAERONと同じ。カニンガムに対応可能なタイプです。
Pro1アルミ185ベースはタワミを出さない為に太いエンドになっています。 
CHINOOK RDGカーボンCHINOOK Pro1カーボン165CHINOOK Pro1アルミ165CHINOOK Pro1アルミ185
左からRDGカーボンWAVE、Pro1カーボン165、Pro1アルミ165、Pro1アルミ185、それぞれのカーブの良さがChinookBoomの人気の秘密でもあります。
CHINOOKエンドパイプ
WAVEベース、FreeRideベース、RACEベースの3種類のカーボンエンド形状。
全て長さ毎に伸ばした時の数字が表記されて便利。例えば165ベースなら167、169と表記されています。アルミもカーボンも全て2㎝ピッチです。 
CHINOOK Pro1アルミブーム
左が165㎝ベース以下、右が185㎝ベース以上のRACE用サイズのPro1アルミブームのパイプ径。この違いが硬さの秘密。185ベースを本格的な3カムFreeRaceセイルで使ってみました。AERONのV-Grip同様に重量はありますが、本格的なSLALOMセイリングでも使える硬さを持ったアルミブームに仕上がっています。ハーネスライン部は29㎜径なので扱い易く太さを感じません。 
CHINOOKフロントCHINOOKフロント
左がWaveやFreeRide用フロント。右がRACEサイズ用フロント。RACEサイズ用は、より硬さに優れレバーも大型です。共にSDM、RDM共用です。