K4 SharkTooth2 商品案内&試乗レポート

自分の中でもThruster用のサイドフィンとして抜群の使い易さを感じているMFCのTF用10㎝の入手が不安定な事からテストをしだしたFINです。
以前、STUBBYの10㎝をテストしてMFCと比較した際には、同じ10㎝でもターンのドライブ感が不足した使用感で、STUBBYは11㎝で同じ使用感だな・・・
と、感じていたのですが、SharkTooth2の10㎝はMFCと同等のドライブ感があり同じ10㎝をおすすめ出来ます。
DFはフレックス重視の少しソフトな使用感で、サイドショアの波サイズがある時のWAVEボードには良いフィーリングなのですがオンショアではイマイチに感じ、
SSと言うG10フィーリングの少し硬めの素材で作られたSharkTooth2はオンショアでも良いフィーリングですしFreeWaveに使っても良いです。 
K4 SHRKTOOTH2  K4 SHRKTOOTH2 
US BOXフィンは加工する事でSLOT BOXで使用が可能です。実際に使用してテスト済み。 
K4 SHARKTOOTH2 K4 SHARKTOOTH2 
<試乗レポート>
Date / ゲレンデ 2020年12月 九十九里
 コンディション  北東 45°クロスオンショア 波:インサイド寄りの膝の波 アンダー~ジャスト
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード  4バテンWAVE5.6㎡ / 2020QUATRO FreeWave94L / バーレーSUPERNATURAL105L
九十九里
九十九里の北東でテストライド出来たのでレポしておきます。
上り気味だと少しだけアンダーですが、落としたり波に乗せれば十分走るコンディション。
QUATRO94LにはK4 SHRAKTOOTHⅡ10+22㎝、SUPERNATURALには純正10+24㎝を付けてセイルは同じ5.6㎡を使用。
上りの取り易さ、走行時のグリップ感、走行時のプレーニングスピード、ターンへの入りのタッチ、波の中での動き、全て問題なく遊べました。
X-Weedを使った際に何時も感じるのですが、走行時にボードが跳ねず海面に馴染み加えてグリップがある走りになり、小さ目のWAVEフィンを使用した時の様な切れが速いルースな感じでは無く、粘りと適度なグリップがあってSUPボードでマイルドに波乗りを楽しんでいるような伸びやかでソフトなターンになります。
今日はインサイド寄りにしか波が無く、波に乗せて直ぐにスピードが上がって欲しいし、ターンもタイトに回したいシュチエーションが多かった。
加えてクロスオンショアでインサイドの風が少し弱い事もありターン後半のドライブ感(スピードの持続性)が重要だったのですが、このコンディションで楽しく遊べたと言う事はフィンはマッチングの良いサイズだと考えます。
FreeWaveボードで遊ぶには理想的な使用感だと感じます。通常のフィンよりもX-Weedを使って乗った方が個人的には好み。
特にバーレーのボードを乗る人に「膝にくる」と言った言葉を聞くことがありますが、このフィンを使うとQUATROボードの様な海面に馴染むソフトな走行感になります。他にもボードが走り過ぎると感じる場合には、このフィンを使ってみる事をおすすめします。藻が無い時でも普段から使ってとっても良いフィンだと感じています。
サイドフィンに使用したK4のSHRKTOOTH2の10㎝も組み合わせ的にバッチリの使用感でした。
MauiUltraFin X-WEEDMauiUltraFin X-WEED


Date / ゲレンデ 2021年5月 / 検見川
コンディション  南西オンショア30° 腰から胸のうねり 腰の波 アップダウンが大きくガスティー  
テストライダー  身長170㎝ 体重60㎏
使用セイル / 使用ボード  2021Simmer BlackTip4.5㎡ 4バテンWAVE / 2021RRD FreeStyleWave104L Y-26
センター MUF X-WEED24㎝+サイド K4 Shark2 10㎝でテスト。(K4フィンはUS BOX用をSLOT BOX用に加工して使用)
風はアップダウンが大きく、落ちた時には全く走れないぐらいでしたが、風が入っている時にはアンダー気味からジャスト。
アウトサイドは風で荒れて、かなりチョッピーで走りづらい海面、インサイドの波のある場所は面の良い状態でした。
使用したRRDのFreestyleWaveは、昨年までのY-25モデルに比べアウトラインをWAVEによせて波乗り性能がアップした使用感でした。
シングルフィンで乗った際のFreeRide性能(直進性やスピード性能)はY-25の方が高いですが、スラスターにした際の波乗り性能はNewモデルのY-26の方がボトムターン前半のスピード性能も高いですしトップターンの切り返しの良さも良く感じ今年はWAVEテイストがUPした使用感だなぁ~と感じました。
メーカーが純正として96L以下は最初からK4のSHRKTOOTH2の10㎝を付属させてくるのですが、100Lはシングルで28㎝が付属。
スラスターは、今回使用したフィンサイズで、走り出し、スピード感、上り性能、波乗りの楽しさは全て納得のいく使用感でした。
流石、純正フィンとして付属させるサイドフィン。Goodマッチングです。
追記
センターフィンに、X-WEEDと同じサイズでマッチングするX-WAVEを使用した場合には、より切れ味の良いターン性能を楽しめますが、面が荒れているコンディションや、オーバー気味、オンショアの場合には、自分はX-WEEDを使う方が走り出しの良さ、荒れた海面でもマイルドの乗り心地、ターン後半のドライブ感の高さを感じおすすめです。
K4 SharkTooth2