MauiUltraFin WEED

MFC MUF Weedフィン MFC Weedフィン 
MUF Weedフィン  MFC(MauiFinCompany)のWEEDフィンは、通常のフィン(画像左)のフォイル中心と同じ位置にフォイル中心がくるようにBOX中心に対して前にずらした位置にフィンをセットしています。これにより、通常のフィンと同じジョイントの位置で乗っても違和感が出ないようになっています。
MUF(MauiUltraFin)は、フォイルの中心が3㎝ほど後方へずれます。なので、Weedフィンを使った場合には通常のフィンで乗っているジョイント位置から3㎝テイル側に移動した位置に付けると違和感が無い乗り心地になります。
フィンを海底や浮遊物に、ぶつけた場合の強度は当然MUFの方が丈夫です。MFCはBOX前部から壊れるケースもビギナーさんには見られます。上手な方は壊してきませんし、自分も壊したことは今までありませんが・・・。
メリット、デメリットが、どちらにもありますが、どちらのフィンも性能的には良いです。
BOXの厚みから削り出して作るMUFフィンがMFCよりも高いのは作る工程の違いからくるものです。それは強度を考えて、あえて、この作りを選んでいるメーカーのポリシーだと思います。フォイルの精度の高さはMUFの方が上ですし、使っているクロスの量が完全に上です。持つと重さの違いで分かります。   
 <試乗レポート>
 Date / ゲレンデ
 2020年5月 / 検見川
 コンディション   南クロスオンショア 腹~腰のうねり 風波の入ったチョッピー海面 ジャスト~ややアンダー
 テストライダー  身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル    2020 GA COSMIC7.2㎡ 2カム7バテンFreeRideセイル
 使用ボード  TABOU2018 ROCKET135L 246×77.5㎝ テイル幅51㎝ 
 使用フィン  38㎝
曇りの南風だったのでアップダウンが大きめ。沖合はコンスタントに入っていましたが、テストボードが大きめだったのでインサイド寄りで乗りました。
ジャスト以上のセイルパワーの時には38㎝でも全く問題無し。ジャイブのし易さも走行感も必要な上りもOKでした。
最初、出た時には上りが今一だな・・・と感じたのでジョイントをテイル側に下げて再テスト。バッチリの使用感になりました。
気を付けて欲しいのは、通常のフィンよりもフィンが後方にレイキしているので通常よりもジョイントを3~4センチほど下げる事を行ってほしいこと。
プレーニングビギナーの方には40㎝をオススメしたい感触ですが、しっかりプレーニングが出来る方や、スピードに優れるボードに乗るなら、38㎝で135Lサイズのボードにも十分だと感じます。
MAUI ULTRA FIN WEED38㎝
 Date / ゲレンデ
 2020年7月 / 検見川
 コンディション   西南西オンショア 腹~腰のうねり アンダー
 テストライダー  身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル    2020EZZY CHEETAH6.5 ノーカム6バテンFreeRideセイル
 使用ボード  RRD2019 FireMove110L 233×77.5㎝ テイル幅48㎝ 
 使用フィン  30㎝
同じ体格の方が120LのSLALOMボードに7.8㎡のFreeRaceセイルでアンダーでしたし、小柄な方もアンダー気味でした。風速5~7m/sぐらい。
今日は30㎝と110LのFreeMoveボードとのマッチングテスト。使用セイルは6.5㎡。
アンダーコンディションでしたが、走り出しは抜群でしたし、後ろ足をストラップに入れない状態で上りを取ったりしましたがサイズ不足によるスピンアウトもありませんでした。使用したボードはジャイブが非常に楽しいボードなのですが、その良さも、そのまま感じれる使用感でした。
グリップ感から考えて7.0㎡でも問題ないと感じますし、7.5㎡でもジャスト以上なら30㎝で問題ないと判断します。
30㎝は、6.5㎡ジャスト以上でのコンディションでもストレスが無いサイズであることをテストしてからマッチングサイズを判断して販売に踏み切ります。
MAUI ULTRA FIN WEED30㎝
付属の38㎝のフィンで乗る際に使用しているジョイント位置と同じ位置で乗りましたが、全く違和感を感じませんでした。
フィンサイズが適正ならジョイント位置が同じでも問題ない乗り心地になるのだろうと思います。
ジョイント位置

 Date / ゲレンデ
 2020年7月 / 検見川
 コンディション   西南西オンショア 腹~腰のうねり ジャスト~ややアンダー
 テストライダー  身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル    SIMMER BLACK TIP5.6 ノーカム4バテンWAVEセイル
 使用ボード  TABOU2020 ROCKET125L MTE 242×77.5㎝ テイル幅48.2㎝ 
 使用フィン  34㎝
南西が続き藻が多く浮遊しだしたので、WEEDフィンとしての機能をチェックするのにバッチリでした。
全く違和感なく楽しめたので引っ掛かりに関しても問題無しと判断。
サイズ的には、初心者や中級者の方が楽しむFreeRideボードの125Lには44㎝が付属されるので34㎝は少しだけ小さく感じます。やはり38㎝をおすすめします。
スピード性能がワンランク上のFreeRaceボードの120~123LやFreeMoveの120Lには42㎝や40㎝が付属されるので34㎝で問題ないでしょう。
MAUI ULTRA FIN WEED34㎝検見川の浜