MauiUltraFin X-WEED WAVE

MUF MFC WAVEWEEDフィン MUFとMFCのWaveWeedフィンの比較
ノーマルフィンとWEEDFINの比較 ノーマルフィンとWEEDFINの比較
MFC(MauiFinConpany)のWeedフィンはBOX中心に対してフィンが前になるように付けられています。
この為、通常のFreeWaveタイプのフィンとBOXを重ねてもフィンのフォイル中心は同じ位置にきます。これによりジョイント位置は同じ位置で使用可能と言う事になります。MUF(MauiUltraFin)はBOX上にフィンがあるので3~4センチほどフォイル中心が後方にきます。この為、通常のフィンで乗っているジョイント位置よりも1~2㎝テイル方向にジョイントをずらすと同じ乗り心地になります。上りが悪い症状などが出た場合には、ここに気を付けてチューニングして下さい。
強度的には、BOXの厚みの積層板(クロスを重ねて作ってある板)から削り出して作るMUFの方が優れています。使っているクロスの網目もMUFの方が細かくランクが上です。MFCは後付けの作りでBOX部分の積層を後から足しています。
どちらもメリット、デメリットがありますが、作り方はMUFの方が工法的に手間が掛かりますし、使っているクロスの目が細かく積層しているクロスの量も多くフィンのクオリティーも上だと感じます。その為に価格もMFUの方が高いです。 
 <24㎝試乗レポート>
 Date / ゲレンデ 2020/3 富津
 コンディション   ジャスト クロスオンショア
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード   5バテンWAVE5.6㎡ / 2020QUATRO FreeWave94L
沖の浅瀬には膝からモモぐらいの波があって手前はフラット。風速的にはジャストでした。
走り出し、上りに関して違和感なし。ジャイブや波で少し遊んだ場合もチェックしましたが、大きすぎる感じは無く、特に、うねりに合わせてのジャイブはレイルの入りもターンのドライブ感もスムーズで気持ち良かったなぁ~。良い感触です!
流石のカスタムフィンクオリティーで、走りのスムーズさもバッチリでした。
藻は無かったので藻の引っ掛かり具合はテスト出来ていませんが、シングルで使う場合のボードに対してのサイズ感は、おおよそ出ました。
もっと吹いた時の4.5に94Lでのテストや、九十九里のサイドショアでの波乗りのテストもタイミングを見て行っていきます。
MauiUltraFinX-WEED

 Date / ゲレンデ 2020年3月 検見川
 コンディション  南西~南南西 ややガスティー 波:腰~腹の波(トロ目ですがとても面の良い波)
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード  4バテン4.5㎡ / QUATRO FreeWave94L
ややガスティーで、83LのWAVEに4.5㎡がアンダーになったので前回と同じQUATROのPOWER94Lで試乗。
遊べる波も入っていましたし、風向きも45°クロスオンショアぐらいの時間帯もあって波の中での使用感のテストには十分でした。
スピード、上り等の走りの面も抜群でしたし、波の中で遊んでも十分楽しかったです。普段から使っても良いと思うぐらいです。なんでしょう、フィンがレイキしている事でターンや走りにマイルドさと粘りがあって心地良い使用感でした!!
4.5で乗れるコンディションでも十分楽しめた事から、94Lに使うにはフィンサイズはバッチリだと答えをだしました。
MauiUltraFin X-WEED

Date / ゲレンデ 2020年5月 検見川
 コンディション  南西~南南西 ジャスト~ややオーバー 波:腰~腹の波(トロ目ですがとても面の良い波)
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード  4バテンWAVE4.5㎡ / 2009バーレーヘッヅ SuperNautural95L
自分と同じぐらいの体重の方が75や78Lに3.7や3.8㎡で遊べているコンディションでテストしました。
今日は純正のFreeWaveフィン25㎝と比較して乗ってみましたが、明らかに、WEEDフィンを使った方がスピードも高かったですし、風波で荒れた海面を走らせるにもボードが暴れず滑らかに走ってくれて楽でした。しかも波の中での動きも抜群でした。
全て純正フィンを上回る良さで、フラットで使う以外は普段から使っても絶好調だと言えます!
WAVEボードでクイックで鋭角なフロントサイドのターンを楽しみたいのなら、マルチフィンに対応が効くサイズのサイドフィンとセンターフィンをWEEDフィンにして使う必要があると思いますが、FreeWaveボードとして楽しむのならシングルフィンの状態でも十二分に楽しめると感じました。
波乗りに関しても、バックサイドは全く違和感が無いと思います。フロントサイドはワイドにカービングさせていくなら波のトップまでドライブします!!
フィンのクオリティーの高さが、走行時の心地良さ、ターンのドライブ感、動きの良さを生み出しているんだろうなぁ~と実感します。
11.5㎝のX-WEED-Sサイドフィンとセンター22㎝のX-WEEDも取り寄せています。こちらでサイドフィンにも藻が絡まないかをテストして更なる良さが出るならマルチフィンWAVE等にもオススメしていこうと考えています。
バーレー純正FreeWaveフィン25㎝MauiUltraFin X-WEED
 
Date / ゲレンデ 2020年5月 検見川
 コンディション  南西~南南西 アンダー~ブローでジャスト 波:膝~腹の波
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード  5バテンWAVE5.6㎡ / 2020QUATRO FreeWave94L
ブローで8m/sぐらい。SLALOMの方が120Lぐらいのボードで7.2や7.8㎡で楽しんでいました。
上るには少しセイルパワーが少し足りない感じでしたが、下らせれば後ろ足もストラップに入れて走れるコンディション。ブローと合わせれば波でも遊べるくらい。
上る為には、後ろ足をストラップから抜いた位置に置いて少しフィンに頼って後ろ足をプッシュする状態。
分かる方はイメージ出来ると思うのですが、フィンサイズが小さいとフィンが抜けやすい状態になるパターンです。
この状態でも、しっかりグリップしてくれて走らせ易かったので、5.6㎡アンダーコンディションでも問題ないフィンサイズだと判断します。
流石にセイルパワーが足りずバックサイドは切れ味が悪く感じましたが、波を落としていけるフロントサイド側は、レイルの入りも良くブレも無く滑らかなターンを楽しめましたし、同様に腹~胸ぐらいの、うねりに合わせてのジャイブのドライブ感やコントロールも抜群でした。
シングルフィンとは思えないほどの良さです!!
この事から、4.5ジャスト~5.6アンダーまで95~100Lのボードには24㎝でマッチングが良いと判断します。
ジョイントの位置は、通常のフィンで使う位置から1㎝下げた位置で問題ない使用感でした。
検見川の浜MUF X-WEEDフィン