MauiUltraFin X-WEED WAVE

MUF MFC WAVEWEEDフィン MUFとMFCのWaveWeedフィンの比較
ノーマルフィンとWEEDFINの比較 ノーマルフィンとWEEDFINの比較
MFC(MauiFinConpany)のWeedフィンはBOX中心に対してフィンが前になるように付けられています。
この為、通常のFreeWaveタイプのフィンとBOXを重ねてもフィンのフォイル中心は同じ位置にきます。これによりジョイント位置は同じ位置で使用可能と言う事になります。MUF(MauiUltraFin)はBOX上にフィンがあるので3~4センチほどフォイル中心が後方にきます。この為、通常のフィンで乗っているジョイント位置よりも1~2㎝テイル方向にジョイントをずらすと同じ乗り心地になります。上りが悪い症状などが出た場合には、ここに気を付けてチューニングして下さい。
強度的には、BOXの厚みの積層板(クロスを重ねて作ってある板)から削り出して作るMUFの方が優れています。使っているクロスの網目もMUFの方が細かくランクが上です。MFCは後付けの作りでBOX部分の積層を後から足しています。
どちらもメリット、デメリットがありますが、作り方はMUFの方が工法的に手間が掛かりますし、使っているクロスの目が細かく積層しているクロスの量も多くフィンのクオリティーも上だと感じます。その為に価格もMFUの方が高いです。 
 Date / ゲレンデ 2020/3 富津
 コンディション   ジャスト クロスオンショア
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード    5バテンWAVE5.6㎡ / 2020QUATRO FreeWave94L
沖の浅瀬には膝からモモぐらいの波があって手前はフラット。風速的にはジャストでした。
24㎝をシングルでテストしました。
走り出し、上りに関して違和感なし。ジャイブや波で少し遊んだ場合もチェックしましたが、大きすぎる感じは無く、特に、うねりに合わせてのジャイブはレイルの入りもターンのドライブ感もスムーズで気持ち良かったなぁ~。良い感触です!
流石のカスタムフィンクオリティーで、走りのスムーズさもバッチリでした。
藻は無かったので藻の引っ掛かり具合はテスト出来ていませんが、シングルで使う場合のボードに対してのサイズ感は、おおよそ出ました。
もっと吹いた時の4.5に94Lでのテストや、九十九里のサイドショアでの波乗りのテストもタイミングを見て行っていきます。
MauiUltraFinX-WEED

 Date / ゲレンデ 2020年3月 検見川
 コンディション  南西~南南西 ややガスティー 波:腰~腹の波(トロ目ですがとても面の良い波)
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード  4バテン4.5㎡ / QUATRO FreeWave94L
ややガスティーで、83LのWAVEに4.5㎡がアンダーになったので前回と同じQUATROのPOWER94Lでシングル24㎝でテスト。
遊べる波も入っていましたし、風向きも45°クロスオンショアぐらいの時間帯もあって波の中での使用感のテストには十分でした。
スピード、上り等の走りの面も抜群でしたし、波の中で遊んでも十分楽しかったです。普段から使っても良いと思うぐらいです。なんでしょう、フィンがレイキしている事でターンや走りにマイルドさと粘りがあって心地良い使用感でした!!
4.5で乗れるコンディションでも十分楽しめた事から、94Lに使うにはフィンサイズはバッチリだと答えをだしました。
MauiUltraFin X-WEED

 Date / ゲレンデ 2020年5月 検見川
 コンディション  南西~南南西 ジャスト~ややオーバー 波:腰~腹の波(トロ目ですがとても面の良い波)
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード  4バテンWAVE4.5㎡ / 2009バーレーヘッヅ SuperNautural95L
自分と同じぐらいの体重の方が75や78Lに3.7や3.8㎡で遊べているコンディションでテストしました。
今日は純正のFreeWaveフィン25㎝とX-WEED24㎝シングルを比較して乗ってみましたが、明らかに、WEEDフィンを使った方がスピードも高かったですし、風波で荒れた海面を走らせるにもボードが暴れず滑らかに走ってくれて楽でした。しかも波の中での動きも抜群でした。
全て純正フィンを上回る良さで、フラットで使う以外は普段から使っても絶好調だと言えます!
WAVEボードでクイックで鋭角なフロントサイドのターンを楽しみたいのなら、マルチフィンに対応が効くサイズのサイドフィンとセンターフィンをWEEDフィンにして使う必要があると思いますが、FreeWaveボードとして楽しむのならシングルフィンの状態でも十二分に楽しめると感じました。
波乗りに関しても、バックサイドは全く違和感が無いと思います。フロントサイドはワイドにカービングさせていくなら波のトップまでドライブします!!
フィンのクオリティーの高さが、走行時の心地良さ、ターンのドライブ感、動きの良さを生み出しているんだろうなぁ~と実感します。
11.5㎝のX-WEED-Sサイドフィンとセンター22㎝のX-WEEDも取り寄せています。こちらでサイドフィンにも藻が絡まないかをテストして更なる良さが出るならマルチフィンWAVE等にもオススメしていこうと考えています。
バーレー純正FreeWaveフィン25㎝MauiUltraFin X-WEED
 
 Date / ゲレンデ 2020年5月 検見川
 コンディション  南西~南南西 アンダー~ブローでジャスト 波:膝~腹の波
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード  5バテンWAVE5.6㎡ / 2020QUATRO FreeWave94L
ブローで8m/sぐらい。SLALOMの方が120Lぐらいのボードで7.2や7.8㎡で楽しんでいました。
上るには少しセイルパワーが少し足りない感じでしたが、下らせれば後ろ足もストラップに入れて走れるコンディション。ブローと合わせれば波でも遊べるくらい。
上る為には、後ろ足をストラップから抜いた位置に置いて少しフィンに頼って後ろ足をプッシュする状態。
分かる方はイメージ出来ると思うのですが、フィンサイズが小さいとフィンが抜けやすい状態になるパターンです。
この状態でも、しっかりグリップしてくれて走らせ易かったので、5.6㎡アンダーコンディションでも問題ないフィンサイズだと判断します。
流石にセイルパワーが足りずバックサイドは切れ味が悪く感じましたが、波を落としていけるフロントサイド側は、レイルの入りも良くブレも無く滑らかなターンを楽しめましたし、同様に腹~胸ぐらいの、うねりに合わせてのジャイブのドライブ感やコントロールも抜群でした。
シングルフィンとは思えないほどの良さです!!
この事から、4.5ジャスト~5.6アンダーまで95~100Lのボードには24㎝でマッチングが良いと判断します。
ジョイントの位置は、通常のフィンで使う位置から1㎝下げた位置で問題ない使用感でした。
検見川の浜MUF X-WEEDフィン

 Date / ゲレンデ 2020年6月 南房総
 コンディション  サイドショア ガスティーでアンダー~ブローはジャスト以上 波:膝~腰の波
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード  4バテンWAVE4.5㎡ / 2020QUATRO FreeWave94L
ガスティーな状態でしたが、ブローはジャスト以上。
波は小さめでインサイドしか割れていなかったので、1発当てるだけの速いダンパー気味。それでもサイドショアなので、ウネリから乗って面が良くなったところで一気に落として当て込んでいけたので波乗りの感触を見るには十分だったと思います。
同時に純正付属の10+21㎝も使って感触の違いをチェック。
走り出しに関しては純正の方がベアーせずに走り出せる感はありましたが、X-WEEDの方が波に乗せてからの加速感、ターンのスムースさ、スピード、コントロール、トップターンの切り返しに優れていると感じました。WAVEらしい乗り味になります。
今日は24㎝シングルでの使用ですが、レイルの入りも良いし、ここで曲がって欲しいと言う部分で踏み込みに対してレイルがしっかり入ってドライブして加速。トップターンで抜けて欲しい時にはスライドしてくれる。
サイドショアでも実に良い使用感でした。
また良いコンディションで乗れたらレポートしますが、現時点でも自信をもっておすすめ出来る性能を有しています。
MauiUltraFin X-WEED

 Date / ゲレンデ 2020年8月 検見川
 コンディション  南西~南南西 アンダー~ジャスト 波:膝~腰の波
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード  5バテンWAVE5.7㎡ / 2020QUATRO FreeWave94L
自分の体格に近いお客さんに試乗してもらって、頂いたコメントです。
前回5.7㎡で乗ってもらったときは10+21㎝の純正フィンで、走り出しが今一で乗りづらかったそうなので、今回はMUFのX-weed22㎝に純正のサイドフィン10㎝で試乗してもらいました。シングルなら24㎝ですが、サイドフィンに10㎝を付けた場合にはセンターフィンは22㎝が妥当サイズです。
自分が渡したフィンのセットでも、お客さんが持っていた23㎝のFreeWaveフィン+10㎝でも、どちらでも調子良かったそうです。
mauiUltraFin XWEED

 Date / ゲレンデ 2020年8月 検見川
 コンディション  南西~南南西クロスオンショア 波:腰~腹の波 ややアンダー気味
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード  4バテンWAVE5.6㎡ / 2020QUATRO FreeWave94L
SLALOM7.8㎡の方も楽しんでいる8m/s前後のクロスオンショア。
今日はサイドフィンにもWEEDフィンを付けて試乗してみました。X-TWIN-S11.5㎝+X-WEED22㎝。
走り出し、走行時のスピード感、ターン性能は全てバッチリ。波の中での動きも十分楽しいと思える動きで94LのFreeWaveボードにはマッチングの良いフィンサイズだと感じました。
インサイドに少し切れた藻が浮遊していて引っかかる事がありましたが、走ると流れてくれてストレスなく遊べました。
X-WEEDのシングルの方が、より藻が引っかからないと思いますが、やはり波乗りの自在性はサイドフィンがあった方が幅が広がりますね!
MauiUltraFin Xtwins Xweed

Date / ゲレンデ 2020年12月 九十九里
 コンディション  北東 45°クロスオンショア 波:インサイド寄りの膝の波 アンダー~ジャスト
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用ボード  4バテンWAVE5.6㎡ / 2020QUATRO FreeWave94L / バーレーSUPERNATURAL105L

九十九里の北東でテストライド出来たのでレポしておきます。
上り気味だと少しだけアンダーですが、落としたり波に乗せれば十分走るコンディション。
QUATRO94LにはK4 SHRAKTOOTHⅡ10+22㎝、SUPERNATURALには純正10+24㎝を付けてセイルは同じ5.6㎡を使用。
上りの取り易さ、走行時のグリップ感、走行時のプレーニングスピード、ターンへの入りのタッチ、波の中での動き、全て問題なく遊べました。
X-Weedを使った際に何時も感じるのですが、走行時にボードが跳ねず海面に馴染み加えてグリップがある走りになり、波乗り時には小さいフィンや80L台のWAVEボードの切れが速いルースな感じでは無く粘りと適度なグリップがあってSUPボードでマイルドに波乗りを楽しんでいるような伸びやかでソフトなターンになります。
今日はインサイド寄りにしか波が無く、波に乗せて直ぐにスピードが上がって欲しいし、ターンもタイトに回したいシュチエーションが多かった。
加えてクロスオンショアでインサイドの風が少し弱い事もありターンのドライブ感(スピードの持続性)が重要だったのですが、このコンディションで楽しく遊べたと言う事はフィンはマッチングの良いサイズだと考えます。
FreeWaveボードで遊ぶには理想的な使用感だと感じます。通常のフィンよりもX-Weedを使って乗った方が個人的には好み。
特にバーレーのボードを乗る人に「膝にくる」と言った言葉を聞くことがありますが、このフィンを使うとQUATROボードの様な海面に馴染むソフトな走行感になります。他にもボードが走り過ぎると感じる場合には、このフィンを使ってみる事をおすすめします。藻が無い時でも普段から使ってとっても良いフィンだと感じています。
MauiUltraFin X-WEEDMauiUltraFin X-WEED

Date / ゲレンデ 2021年1月 / 検見川
コンディション  南西 クロスオン
テストライダー  身長170㎝ 体重60㎏
使用セイル / 使用ボード  SIMMER BLACKTIP4.5㎡ 4バテンWAVE / RRD FreeStyleWave104L 
風のアップダウンが大きめで、自分と同じぐらいの体格の方が80LのWAVEで走ったり止まったりでしたが、波のあるインサイドは基本は104Lに4.5でジャストから時折アンダーと言った感じでした。
今日はMFC TF10㎝+24㎝のスラスターの乗り味をチェックしてみました。
波は腰から腹ぐらいで、ウネリは胸ぐらいでトロ目。FreeStyleWaveで乗るにはとっても楽しコンディションでした。
アンダー気味での浮力バランスの良さはもちろん、走り出しの良さも抜群!周りの方と比較してもかなり良かったです。
それでいてレイルが厚くターンでレイルが踏みずらいなどの症状はなくドライブ感は抜群、今日の様な風波でパワーが無いトロ目の波で遊ぶにはバッチリの乗り味です。
ボトムターンのドライブ感は抜群ですが、トップターンの切れ味が今一つに感じたのでサイドフィンの位置をいじってみましたが、前に出すと(画像左)トップターンの切れ味は良くなりますがドライブ感が落ちて、走り心地もチョップを拾ってゴツゴツした感じになります。
一番後ろ(画像右)に下げた方が走りも滑らかだしドライブ感も抜群。今日のフィンの組み合わせならサイドフィンは一番後ろにした方が良いと感じましたし、FreeStyleWaveとしての乗り心地なら、こちらの方が良いと感じました。(波乗り性能を望みすぎると走りの面が悪くなってきます)
QuatroはサイドフィンがMTボックスなので固定されます。RRDはSLOTボックスなので移動が可能。サイドフィンは少しの位置の変化で乗り味が変わってシビアなので固定の方が悩まないです。Quatroのサイドフィンと同じ位置だとRRDは一番後ろにセットした状態になります。なので、そこが乗り易い標準位置だと判断します。(同じように10㎝サイドでセンターに22㎝のX-WEEDで乗って抜群の乗り味を体感しています)
注)サイドフィン、センターフィンの形状によっても取り付け位置は変わります。参考としてください。
シングルで使う場合には26㎝をおすすめします。

2020RRD FreeStyleWave104L2020RRD FreeStyleWave104L
2020RRD FreeStyleWave104L
Date / ゲレンデ 2021年5月 / 検見川
コンディション  南西 クロスオン
テストライダー  身長170㎝ 体重60㎏
使用セイル / 使用ボード  SIMMER BLACKTIP4.5㎡ 4バテンWAVE / 21継続QUATRO POWER94L 
本来であれば80LのWAVEボードに4.5㎡が妥当だとは思いましたが、すでに絶好調のデーターは出ているので、
今日は、同じコンディションでMFC TF10+X-WAVE22㎝とX-WEED22㎝の感触を見たくて94LのFreeWaveでテスト。
多少のアップダウンはありましたが、自分と同じ体重の方は75LのWAVEに3.8㎡で楽しんでいましたし、70キロぐらいの方は4.2に83L前後。
波乗りを楽しむには、ボードが94Lだったので3.7㎡をチョイスすべきだったなぁとは思っています。
最初はX-WAVE22。
走り過ぎる感触と波乗り(フロントサイド)で後半のドライブが足りないな・・・と感じたのでセイルのアウトを引いて再度トライ。
それでも良い感触にはならなかったのでジョイントをノーズ方向に移動。
走りが抑えられて乗り易くなりましたが、やはり波乗りの楽しさがイマイチ。
フィンをX-WEEDにかえて再度トライ。
走りの滑らかさが更にアップして非常に楽になり、波乗りも後半のドライブやコントロールがし易くなってGoodな状態に。
面倒くさがらずにセイルも3.7にチェンジしていれば更に楽しさが倍増した気はしますが、
94LFreeWaveボードが4.5オーバー気味の状態で、これだけ波の中で遊べるなら十分だと思います。
何より走りのし易さがアップする部分がX-Weedの良さ。
この良さは、まだ強風オンショア練習中の方にもオススメな部分だな!と思います。
オンショアで乗るなら、やっぱり基本はX-Weedの方がオススメです。

21QUATRO POWER94L2020RRD FreeStyleWave104L
MauiUltraFin X-WAVE X-WEED
 
 Date / ゲレンデ 2021年5月 / 九十九里
 コンディション   アンダー 風向き:サイド 波:腹~胸
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン 2018SIMMER BLACKTIP5.6㎡ / 純正サイドフィン10㎝+MauiUltra X-WAVE22㎝ 
 使用ボード バーレーヘッヅ SuperNatural100L 238×62㎝ 
ここのところはX-WEED22㎝のフィーリングをテストしていたので、比較した感覚を確認したくて今日はX-WAVEをテスト。
アウトサイドに向かう際にはノンプレーニングで波に乗せればストラップに足が入ってプレーニングして波乗りを楽しめる九十九里らしいコンディション。
セイルでアウトに出るだけで、SUPでパドルでアウトに出て波に乗るのとなんら変わらない感覚。
波に乗っているときは、ほぼ波のパワーだけで波乗り。
潮が引いていたので波は掘れ気味(速い波)。サーフィンでもテイクオフが可能なぐらいで、風が弱いので波の面もGOODでした。
風向きがサイドで、波の力で波乗りが出来るコンディションでは、やはりX-WAVEの方が本来の波乗りの楽しさを味わえるなぁ~と感じます。
ラインの変化も自在ですし、サーフィンのように横に走りながらアップスーンでボードを加速せることもしやすいし、ターンの切り返しも軽いしスピードも高い!
ボード自体を走らせる力やグリップ力はX-WEEDの方が強いので、波にパワーがなく風の力でボードのスピードを高めターンのドライブ感をアップさせたい時や、サイドの風でも波がシフト気味でターンの後半にスピードの持続力が欲しい時、海面が風で荒れ気味でフィンにグリップが欲しい時にはX-WEEDの方が楽しめます。
どちらのフィンの方が良いと言うよりコンディションに応じて使い分けることでWAVEセイリングの楽しさをより味わえると感じます。
バリエーションとして同じサイズのX-WAVEとX-WEEDを持つとよいでしょう。
また、サイズをアップさせてシングルフィンのX-WAVEで掘れた波のダウンザラインを楽しむのも、いいかなぁ~と感じています。
今回使ったSuperNatiral100Lなら、通常は10+22㎝なのでシングルなら23~24㎝。
SLALOMもセイルサイズや海面状態でフィンのサイズを変えますが、WAVEもコンディションに応じてフィンを変えたほうが楽しさが倍増します。

MauiUltrafin X-WAVE