2017 SIMMER APEX(IRON後継モデル)

2017SIMMER APEX
2017モデル
2015SIMMER APEX
2015モデル
2017モデルは、フットパネルを最も目の細かく厚いX-PLYに変更し強度をアップ。ジョイントカバーも素材が変更されクッション性と耐久性がアップ。
パネル数を減らし軽量化を図りつつ必要な場所の強度はアップさせています。セイルを巻く際に気になるトップパネルは相変わらずサイナーズクロスで補強されタフです。この処理をしているのはSimmerだけです。
基本的なスピード性能や操作性の良さはそのままに、手元の感覚がしなやかになり、初速や走行時のパワーの供給が更に良くなっていると感じます。
2017SIMMER APEX
リーチの落ち方がスムースになりました。
2017SIMMER APEX
ブーム上のバテン先端が1㎝ぐらいマストの外側に出ているぐらいがダウンテンションの目安。
2017SIMMER APEX
ジャストコンディションデのリーチの落ち具合は、こんな感じ。(アウトを引いていない状態で)