このレポートは、あくまでも試乗した個人の感想ですので、参考としてください。

 BOARD名・サイズ  2013SIMMER FREEMOVE 236×75 110L
clickで拡大詳細
本格的なSLALOMボードのような長さと最大幅を持たせながらテイルを薄めにして幅を絞っています。特に最大幅から上下に丸みを帯びたアウトラインが特徴だと思います。
ネーミングはFREMOOVE。セットされるフィンも110Lで36㎝と短めです。
110Lで、この長さ、この幅のボードは今までに無いです。他のラインナップも長さは一緒で、100Lは70㎝、120Lは80㎝。100Lの幅も今までに無いものですね。
デッキは全体的にフラットな部分が多く、いかにも安定感に優れ乗りやすいボードだろうと思わせます。
ストラップのレイアウトも、前足が内外で後足はダブルとシングルを選べます。しかもシングルビスで使えば、外側のポジションでも微妙に外寄りと内寄りを選べる多彩さです。
形も新しいですが、乗り味も今までに無いものに仕上がっています。
個人的には、バーレーのCRUZ同様プレーニングビギナーから中級者の方に最もおすすめしたいボードの1本です。
走らされ過ぎないソフトなプレーニング感と抜群のジャイブ性能に加え安定感のある浮力バランスが理由です。
うねりの中でも、引っかかりを感じずに柔らかく水に馴染む走りやターンも楽しめる事から、WAVEテイストがあるボードが好みの、上級者の方のライトウインド用ファンボードとしても大活躍するでしょう。

=総合評価=  
△ 悪い   ○ 普通   ◎ 良い ☆非常に良い 
初速 上り
 SPEED性能 ターン性能
 波乗り性能 遊べちゃう! 安定感 浮力バランス
 装備品のクオリティー 重量レベル
マッチングSAILタイプ エリア  ノーカム2カムFREERIDE・WAVE 5.3~8.0㎡
おすすめレベル  プレーニングが出来始めたビギナーからイージープレーニングを楽しみたい上級者の方まで幅広いレベルの方にお奨めできます。

 <コメント>
試乗して感じた事があれば随時追記します
 Date / ゲレンデ  2013年3月 / 検見川
 コンディション   オンショア 膝~腰の波 
 テストライダー  身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン   SIMMER ENDURO7.1(ノーカム5バテンFREERIDE)アンダー~ジャスト
 純正36㎝ 
まずは下記の左側のストラップポジションで試乗。前足も後足も外側なのですが、少しだけ内側になるポジションです。
見た目どおりに幅広いフラットデッキの生み出す安定感は抜群です! それは走りだす前にも感じますが、走行時にも感じます。
ストラップに足を入れる動作でも、ボードをフラットに保ちやすい事は、ビギナーの方には非常に大事な部分ですね!
36㎝のフィンは短いかな・・・って感じるのですが、それがいいのでしょうね~。常にボードがフラットに保て、滑らかなプレーニング感を生み出しています。リフトが強くフィンで走る感覚では無く、面で走る感覚。この感覚は、上りは良くないのですが、走り過ぎず、足が疲れないとっても楽なプレーニング感で、まだまだプレーニングスピードに慣れていないレベルの方にとっては抜群に乗りやすさ感じる感覚です。要するに抑えられたプレーニングスピードなので、コントロール出来ない状態に陥りずらくなるわけです。ちょっと乗れてきた中級者になりたての方には抜群の乗り易さでしょう。
オンショアで膝から腰の波がありましたが、ノーズが食われる事なく、ここも走り易さを感じられる部分でした。
試しにうねりの中で動いて遊んでみましたが、SLALOMボードにある引っかかりが無く動けちゃいました。あれれ遊べちゃうよ~このボード。うねりを下って遊ぶのも楽しめちゃいます。
ジャイブの入りもイージーそのもの。カービング感は少ないですが、フラットなテイル形状で高い安定感を感じ、ビギナーの方にとってもありがたいものです。後半の難しい部分を安定感が助けてくれます。
ショップの小柄な女の子にも乗ってもらいましたが、「ジャイブしやすい!!」って言ってました。吹いても乗れる子ですが、まだプレーニングジャイブはミスも多く中級者になりたてって感じのレベルの子です。
長さが短いことによるタックのしずらさ、セイルアップのしずらさ等は感じられませんでした。ジョイントから前のアウトラインも絶妙に作られていると感じます。良く出来てるな~!!この浮力感でこの短さは、まだ乗り切れていないんだけど車内にボードを積みたいので出来るだけ長さが短いボードにしたいって考える方にも嬉しい限りでしょう。
抵抗があってストレスを感じる走りでは無くて、とにかく楽しく乗りやすさを感じる乗り心地。乗り手を助ける良さがこのボードには沢山あるな~って言う事を全面に感じました。

 Date / ゲレンデ  2013年3月 / 検見川
 コンディション   オンショア 膝~腰のうねりで少しチョッピー 
 テストライダー  身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン   SIMMER ENDURO7.1(ノーカム5バテンFREERIDE)ジャスト~オーバー
 純正36㎝ 
この日はストラップポジションを下図の右のようにしてみました。前足は最も外になる位置で、後ろ足も同様です。
驚いたのは、全く性格が変わる走りになった事です。風は前回よりも強かったのですが、使用したセイルは前回と同じでした。スピード感が全く違います。ずばり速いです!同じボードとは思えないほど性格が変わります。
ENDUROで乗る時は、前足は外側でいいのですが一番前で、後ろ足も外で一番前にすれば良いと思います。
このセイルは、別の機会にSTARのFUTURA(FREERACE)で乗った時にも優れたスピード性能を感じられたセイルですからスピードの面は十分なのですが、ジョイントの位置があっていなかったと思います。センターより前が良い。
このボードは、ジョイントボックスが長めです。ストラップポジションで大きく性格が変えられるデザインですから、ジョイントの位置も長めのボックスを活かして様々なセイルで走りやすいポジションを出せるでしょう。
後ろ足を最大後ろで使用する時は、もっとスピードとパワーに優れるセイルでマッチングするでしょう。
例えば2カムの6バテンFREERIDEセイルなど。
乗った時間が短くて、ジョイントの位置やストラップポジションも動かしてチューニング出来なかったのですが、とにかくトップスピードに優れた乗り味に変化します。ジャイブのし易さや乗り易さは残されているので、上級者の方が楽しむのには良いポジションでしょう。
5月には試乗艇がショップに入荷しますので、ここは、もう少し乗り込んでレポートしますが、プレーニングが出来始めたビギナーの方が上達したときにも飽きのこないだけのポテンシャルを持つボードだと言う事は実感できました。
 Date / ゲレンデ  2013年9月 / 検見川
 コンディション   オンショア 膝~腰のうねりで少しチョッピー 
 テストライダー  身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン   MAUISAIL BLAZE7.0(2カム7バテンFREERACE)ジャスト~アンダー
 純正36㎝ 
セイルをスピードに優れるタイプにしてストラップも外側で前後とも一番後ろで乗りました。
パンピングして下らせれば走りだすコンディションでしたが、抜群の走りだしの良さを感じましたし、スピードの面も十二分に楽しいと思えるレベルの走りが出来ました。フィンで走るSLALOMらしい感覚を楽しめます!!
中級者以上の方にも自信を持ってオススメできる楽しい走り心地です。
2カム7バテンのセイルで、ノンプレーニング時にはボードの短さを少し感じましたが、手応えがある風の強さ以上なら問題ない浮力でした。自分は体重が60キロぐらいなので、一般的には120Lがオススメに感じます。
ジャイブのし易さには惚れ惚れします。本格的なSLALOMボードとは一味違った自在性のあるターン性能は、少しうねりのある海面でもホント楽しいと感じさせてくれます。
純正フィンでも走るのに支障は無いのですが、上りの事を考えたり一般的な使い勝手を考えれば、夏時期に7.0や7.5でアンダーでの走りを楽しむ時には40㎝のフィンを買い足したほうが、もっと良さを楽しめるはずです。
7.0ジャスト~6.5ジャストなら純正フィンで良く、6.0オーバーや5.5で乗るなら34cmにするのが良いです。別の機会に5.8のWAVEセイルで、かなりオーバーのオンショアコンディションで乗った時にはジャイブで36cmが大きく感じました。
5.5から7.5まで。海面もフラット~腰~胸ぐらいのうねりがある海面までホント1本で幅広くプレーニングを楽しめるボードだと感じます。スピードの面も優れた性能を兼ね備えたセイルで初めて試乗しましたが、けしてボードが走り負けしない事を確認出来て良かったです。

 Date / ゲレンデ  2015年7月 / 検見川
 コンディション   オンショア 腹~胸のうねりでチョッピー 
 テストライダー  身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン   5バテンWAVEセイル5.4㎡ ジャスト
 純正36㎝ 
久し振りにお客さんのセイルチューニングを見る為に5.4のWAVEセイルでフルプレーニング出来るコンディションで乗りました。100L以下の小さ目のボードに5.0前後のWAVEセイルで上級者の方も楽しめる強風ラフ海面でしたが、海面を気にせずフルスピードでプレーニングを楽しめる乗り易さ、ジャイブ性能に改めてボードの良さを実感しました。
自分は60㎏と軽量ですが、とても幅が75cmもあるボードには思えない乗り易さでした。全くボードの暴れが気にならず、水に馴染むWAVEボードの様なジャイブのし易さはもちろんのこと、特に感じたのはスピード面の良さ。完全なSLALOMボードに6.5~6.0で乗っている方もいたのですが、比べてひどく遅れをとる感じがないほどです。
波に乗って遊びたいとか、アクションを楽しみたいと言うならば別におすすめのボードがありますが、プレーニングスピードとジャイブを楽しむならば、かなりハイレベルなポテンシャルを楽しむことが出来る実力を持つボードです!!
検見川の様にオンショアで吹くと荒れた海面になるゲレンデの中~強風SLALOMセイリングを楽しむには最適な乗り味だと言えます。
110Lは余裕の幅なので、まだウオータースタートにもたつきがある方にも安心しておすすめできます。


このページに関するお問い合わせはduck@duck-wsf.comまでお願いします
 なお、お急ぎの方はお電話をお勧めします。043-279-8630ウインドサーフィンショップダック
 このホームぺージに記載されている会社ならびに製品名は、各社の登録商標または商標です