試乗レポート
このレポートは、あくまでも試乗した個人の感想ですので、参考としてください。

 BOARD名・サイズ・カテゴリー 2016(2017継続)NOVENOVE StyleWave104GLS 235×63 FreeStyleWave 2016NOVENOVE STYLEWAVE
clickで拡大
<デザイン、装備、従来モデルとの比較等の外観的なコメント>
ノーズが太めでテイルに向かって絞られていくアウトライン。中心に厚みを持たせてレイルに向かって薄くする山形のデッキ形状。ボトムはVベースのコンケーブで前足から後半のVが強い。WAVEのようなデザインを持つボードです。それでいてロッカーはスピードが高く走行時にも落ち着く前足と後ろ足にストレートが入る最近のこの手に多いもの。ロッカーからくるプレーニング性能は、滑らかで心地良くスピード感もあり上級者の方も楽しめるものですし、テイルに向かって薄くなるレイルと強めのVが生み出すターン性能は、カービング感が高くレイルが深く入りSLALOMボードの硬いカービングターンとは違った柔らかさも持つWAVE的な楽しさ。まさに走って良し曲がって良しのCROSSOVERな性能を持ったボードに仕上がっています。
デッキデザインやアウトライン、レイルボリュームからくる浮力バランスは、デッキがフラットなFreeMoveボードの様な安定感は無いので乗り手のバランスレベルを求められますが、乗れる方にとってはレイルの切り返しがし易いです。この点からおすすめレベルは上級者よりになります。
自分が試乗したのはシングルフィンのGLS(ノンカーボン)のタイプですが、ボード剛性も高くプレーニング感も質が高い楽しみを得られるクオリティー。カーボンを使用したLTDモデルはThrusterフィンのセットアップが可能なのでフィンを変える事でスピード感のある波乗り(サイズのあるトロ目のダウンラインコンディション)を楽しめるWAVEボードとしての使用も十分に可能だと言えますし、オンショアで切り返しの速いターンも可能にしてくれ更に多彩な楽しみを味わえるボードになるでしょう。
装備品に関しても、フィンはMFCが付きますし、ストラップも腰があるしっかりしたもの、デッキパッドは厚みがあり踵のショックを吸収するアブソーバー機能も持ち高いクオリティーを感じます。
ずばり、求める乗り味が一致する方にとっては超おすすめの1本と言えます。


=総合評価=
△ 悪い   ○ 普通   ◎ 良い ☆非常に良い 
 プレーニングパフォーマンス
 スピード・初速・上り
 アクションパフォーマンス
 ベーシックフリースタイルアクションや
 ジャンプ等ジャイブ以外のアクション性能
 スピードジャイブ性能  ジャイブの弧の自在性
  波乗り性能 サイドショア/オンショア ◎ / ○  コントロール性能 ラフ海面
 浮力バランス安定感 ○   装備品のクオリティー  ☆ 
 マッチングSAILタイプ エリア  WAVE&SLALOMのCROSSOVERな性能を持ったセイルやWAVEセイル 4.7~6.2㎡
 おすすめレベル  ウオータースタートやジャイブをしっかりこなすレベル。上級者。

 <コメント> 試乗し気が付いたことがあれば追記していきます。
 Date / ゲレンデ  2016年8月 / 九十九里
 コンディション   風速4~5m/sのアンダーで波に乗れば走る 波:うねりは頭以上で波は肩~頭。
 テストライダー  身長170㎝ 体重60キ㎏
 使用セイル / 使用フィン   2016EZZY ELITE6.4 / 付属フィン マウイフィンFreeWave28㎝
風向きは45度クロスオンショアぐらいで完全なアンダー。波に乗せればプレーニング。うねりはセットで頭以上。波は頭から肩で張ってくるとフロント方向がワイドに崩れてしまうパターンなのでテイクオフ後にバックサイド側に逃げてタイミングを見てフロントに当てにいく波乗りでした。うねりの段階でパンピングすれば素早くテイクオフする走り出しの良さ、波のパワーでのスピードの上がり方も十分ですし、レイルの入れやすさも抜群で十分波乗りを楽しめるポテンシャルを持っていると感じました。
ゲティングやセイルアップの浮力バランスも自分の体重では6.4を使用しても全く問題を感じないレベルでした。かなり良いです。
風が弱いのでスープが多いインサイドを避けアウトサイドのセットを選んで乗っていましたが、岸に戻る際にインサイドの掘れた波でもテイクオフしました。そんな状態でもパーリングせず耐えられたのでロッカーは少し掘れた波でも十分使えると思います。もう少し違うコンディションでも乗ってみますが、WAVEボードではないので掘れた中でのクイックな動きを望むより、サイズのある波で大きめのターンを楽しんだほうが良いと思います。WAVEボードよりもスピードを楽しめる乗り味なので十分エキサイティングな波乗りを楽しめます。
今日は付属の28㎝を使いましたが、丁度良い感じでした。掘れた波で動くとなると、どうかな?って思いますが、経験上、フィンを小さくすると、WAVEボードでは無いボードはターンのカービングが劣ったり、走り出しが悪くなったりすることがあるので、このままが良い感じ。6.8㎡までは使えると思います。またテストしてみます。
ケミのオンショアで走りメインのコンディションで同じ6.4で乗った時には少しフィンが短く感じ6.0ぐらいまでが良いと思いました。
2016NOVENOVE STYLEWAVE
 Date / ゲレンデ  2016年9月 / 検見川
 コンディション   インサイドは南東でフラット アウトサイドは風うねりが入って少しチョッピー。
 ジャストで乗れた時間帯もありましたし、アンダー気味の時間もありました
 テストライダー  身長170㎝ 体重60キ㎏
 使用セイル / 使用フィン   2017SIMMER APEX5.7 / 付属フィン マウイフィンFreeWave28㎝
今日はジョイントの位置をセンターより後ろ(ボードに表記されている数字は130の位置)、ストラップはフロントが3穴の2番、リアが3穴の3番で試乗。
先日乗ったときに、フラットで走りベースの乗り方を楽しみたい時は、そのほうが良いと感じたので確かめでした。
ジャストの風が入った時にインサイドのフラット海面、アウトサイドの少しチョッピーな海面の両方で乗ってみましたが、今日のセッティングは抜群だと感じました。
走行時の滑らかさスピード感、ターンへの入りやすさ、ターンのカービング性能。このボードの良さを全面に感じれました。
ホント良いボードだと感じます。スピードの高い滑るようなプレーニングも楽しめるし、チョッピーな海面でも楽にスピードを出して乗れる乗りやすさだし、何よりターンのカービング性能やレイルの入りやすさはWAVEを思わせるような良さ。
まさに走って良し、曲がって良しの上級者におすすめのボードだと思います。

2016NOVENOVE STYLEWAVE
 
 Date / ゲレンデ  2017年1月 / 検見川
 コンディション   北西~西北西 インサイドは北も入ってガスティでしたが、ブローは北西~西北西でインサイドにも入るパターン。
 右クロスオンの風うねりが入り、あまりチョッピーでは無く、うねりに乗せて遊んでも楽しい海面でした。
 テストライダー  身長170㎝ 体重60キ㎏
 使用セイル / 使用フィン   2017SIMMER BlackTip5.0 / K4 FreeStyleWave28㎝
同じWoodの2017モデル104Lを貸してもらったので試乗。幅も長さも同じでグラフィック変更のみだと思います。
フィンはK4フィンを使いました。
5.0でもブローが入れば下らせても上らせても走れるジャスト。風うねりの面が何時もより綺麗で乗せると遊べました。
基本は走りベースのコンディションだったのでジョイント位置も走りが良くなる位置で使用。ストラップはターンを楽しめる位置です。
相変わらず走りは軽く滑らかでスピード感も十分!乗っていてホント楽しいボードです。フィンをK4フィンにしてみたのですが、ターンのタッチが更に軽くなりレイルの入りが軽くターンのドライブ感が良くなった感触。南西の波がある時にも乗ってみたいですね~。
走って良し曲がって良しでFreeWaveに近いけど、もう少しプレーニング感を高めてある感じでFreeStyleWaveとFreeWaveの中間ぐらいかな・・・。検見川の南西や北西でGoodマッチングだと思います。
今日のジョイント位置とストラップポジション(フロント2番内側 リア3番)
2017NOVENOVE STYLEWAVE104L WOOD 2017NOVENOVE STYLEWAVE104L WOOD
2017NOVENOVE STYLEWAVE104L WOOD K4フィンFreeStyleWave


このページに関するお問い合わせはduck@duck-wsf.comまでお願いします。
 なお、お急ぎの方はお電話をお勧めします。043-279-8630ウインドサーフィンショップダック
このホームぺージに記載されている会社ならびに製品名は、各社の登録商標または商標です。
ページトップへ戻る