このレポートは、あくまでも試乗した個人の感想ですので、参考としてください。

 BOARD名 2011バーレー CELL 108L
233×68 6.5s(実測)

 テストライダー 身長170cm 体重kg 上級者レディース
 ゲレンデ 
 コンディション
 海面状態
三浦メイン
オーバー〜アンダまで
ややチョッピー
 使用SAIL/FIN MAUISAIL TR-7 6.6/7.6
テクトニクス タ―ロン36/38/40p
 性能評価 △ 悪い  ○ 普通  ◎ 良い ☆非常に良い 
 初速 上り
 スピード ターン性能
波乗り性能 安定感
 装備品の
クオリティー
 (FIN・STRAP)
重量レベル
オススメレベル:エキサイティングなプレーニングスピードを楽しみたい上級者の方
マッチングエリア:6.6○ 7.6◎

 <コメント>

 全長が短い為にタックはシビア。以前のFACEよりボードの厚みが抑えられたせいで、オーバー時には格段に楽にセイリングが可能。
 ストラップポジションが、やや内側に感じるので、小柄な方はストラップの外側の穴(3つのうちの外)を使用して取り付ける事をおすすめ。

   スタンス 
   フロント2番目 リア2番目 40pが調子よい

   ジョイントポジションに関して 
   135センチ コンディションによってジョイントポジションは変えていません。

   FINマッチング 
 6.6u  38p テクトニクス タ―ロン オーバー時には36cmもあり
   7.6u  38〜40p テクトニクス タ―ロン アンダーとジャストオーバーで使い分けています