試乗レポート
このレポートは、あくまでも試乗した個人の感想ですので、参考としてください。

BOARD名・サイズ
 2014TABOU ROCKET 135L 250×72㎝ FreeRideSlalom
2014TABOU ROCKET
clickで拡大
2006年の発売当初、乗り易さジャイブのし易さに加え抜群の走りだしで人気No.1の座を誇ったFreeRideSlalomボード。リニューアルを繰り返し今日まで続く息の長いモデルです。125・135Lは昨年モデルからリニューアルされました。
ノーズからテイルにかけて均一の厚みをもたせ少し長めの全長をもちます。長さが短めで薄く幅広のFREEMOVEから比べれば135Lのわりには幅は72㎝と抑え目なデザインですが、この長めの長さと均一な厚み、適度なレイルの厚みが抜群のボードバランスの良さを生み出しています。また、この長めの長さと少し重めの重量が落ち着いたプレーニング感も生み出していると感じます。テイルは、自分が知る以前のモデルよりも厚みを増していますが、先端にかけて絞りこまれた形状になっています。(拡大詳細画像を参照ください)この形状のお陰だと思うのですが素晴らしいカービングジャイブ性能も持ち合わせています。
試乗したのはCEDバージョンで重量が少しありますが耐久性にも優れたリーズナブルなバージョンです。

=総合評価=
△ 悪い   ○ 普通   ◎ 良い ☆非常に良い 
初速 上り
 SPEED性能 ターン性能
 波乗り性能 安定感 浮力バランス
 装備品のクオリティー 重量レベル
マッチングSAILタイプ エリア  カム付FreeRACE~ノーカムFreeRideセイル
海面が荒れすぎていなければ5.0のWaveセイルで乗っても楽しめそうです。
おすすめレベル  プレーニングビギナー~中級者の方

 <コメント> 試乗し気が付いたことがあれば追記していきます。
 Date / ゲレンデ 2014年6月 / 検見川
 コンディション  南東 サイド~サイドオフ インサイドはフラットで沖合は膝の風うねり
ジャスト
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン   MAUISAIL BRAZE7.0㎡ 2カム7バテン / 純正46㎝
本来なら7.5を使おうかなぁ~と思うようなライトコンディションでしたが、7.0㎡でも十分プレーニングを楽しめました。このことからアンダー性能には優れていると思います。決して軽いボードではないのですが走りだしにストレスは感じませんでした。
ノーパンピングでハーネスをかけて前足を入れたままでブーローを受けての走りだしをテストしましたが、ボードをフラットにキープしやすく滑らかな走りだしでした。(テストした時のストラップ位置は拡大画像を参照してください)
プレーニング中も、良い意味で走り過ぎずコントロールしやすいスピード感です。適度にボードの重量を感じ、ちょっとした海面のギャップでも跳ねてしまう感じはありませんでしたし、反応もスローでした。
これら2つは、プレーニングビギナーの方や、まだハーネスワークが不安定な方にとってはありがたい特性だと言えます。
反面、走り過ぎない感覚はリフト(接水面が減りフィンだけで走る)し過ぎない事につながっている為、上りに関しては本格的な走りを生むFreeRaceやRaceSlalomには劣ります。
タック、ジャイブのし易さは浮力バランスの良さから抜群に感じました。特にジャイブに関しては、海面がフラットだったせいもありますが、レイルの入れやすさも抜群だったですし、ジャイブ中のボードの傾けを一定にキープしやすく失速を生まないジャイブが抜群にし易かった。流石FREERIDEボードだなぁ~と感じさせてくれました。
ハーネスワークが出来始め5~7m/sの風を楽しみ始めたストラップワークが不慣れなビギナーの方や、プレーニングは出来ているが、ジャイブを含めまだ安定感には欠けている中級者になりたての方にとって、とってもお奨めの乗り心地のボードだと思います。
追記
65㎏ぐらいのビギナーの方に、幅が76㎝の118LのFREEMOVEボードに5.8㎡のセットと、この幅72㎝の135Lに6.5㎡セットで乗り比べてもらいましたが、135Lの方が乗り易く感じたそうです。幅があっても全体に薄めのデザインのFREEMOVEボードはビギナーの方にとってはタックやジャイブ時のバランスは難しく感じるようです。ボリュームなりの浮力感と言う事ですね。
 Date / ゲレンデ 2014年8月 / 検見川
 コンディション  南西 膝の風うねりでラフな海面
ジャスト
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン   MAUISAIL GLOBAL WAVEセイル5.4㎡ ノーカム5バテン / 純正46㎝
南西でWAVEボードの方が5.8で楽しめるコンディションで試乗。
そんなコンディションでも乗れちゃいます。かなり波もありボードが跳ねてもおかしくないのですが、スムースで波に食われることなく走れます。要は走り過ぎずコントロール出来る範囲の走りだからと思います。でも、ストレスに感じるほど遅くはありません。それよりも楽しかったぐらいです。
またジャイブのし易さも格別です。135Lを感じさせないレベルです。
乗れるレベルが乗れば、ここまで乗れる性能を今のボードは持っているんだなぁ~と実感。フィンは純正の46㎝のままでも違和感なしでした!


このページに関するお問い合わせはduck@duck-wsf.comまでお願いします
 なお、お急ぎの方はお電話をお勧めします。043-279-8630ウインドサーフィンショップダック
 このホームぺージに記載されている会社ならびに製品名は、各社の登録商標または商標です。