試乗レポート
このレポートは、あくまでも試乗した個人の感想ですので、参考としてください。
BOARD名・サイズ バーレーヘッヅ ONE   バーレーヘッヅ ONE
初号機83L

100L
→詳細画像ページへ
掘れた波、サイズのある波なら、十分なボードスピードを得られる為に全てが小さなフィンが付く現在主流の高性能マルチフィンボードで波乗りを楽しむことが出来る。
しかし、オンショア風波はサイズがあるわりには掘れ方も緩いし波自体にパワーが無い、掘れてパワーがある波はインサイドでダンパー気味。加えてオンショアは、高さを稼ぐためにもインサイドの掘れた波でジャンプをする為にも、初速、その後のスピードに優れた上り性能が必要。
スピードに優れ、初速に優れ、上りに優れ、鋭角な小刻みなタ―ン、タル目の波でもボード自体の能力でスピードが得やすくカービングターンがし易い。
今までのボードでも楽しめるのですが、更に、そんな時に楽しめる都合の良いボードを作れないかな・・・?って事でテストを始めたのがONEです。
フィンシステムは、最もスピードに優れるシングルフィンで使える事を基本にしました。
シングルフィンで、出来る限りマルチフィンのような自在性のある波乗りを楽しめるようにテストを進めました。
83Lの違った形状のプロトタイプを3本。最初に作ったボードに修正を加えた100Lの計4本をテストして、ほぼ答えが出た感じです。
最初に作った83Lはスピードに優れ鋭角なターン性能に優れ、ほぼ要求に対して満たされていましたが、最初の踏み込みでのレイル反発が足りない、トップターンでのレイルの返りにむらがある、長さが短すぎてタックがシビアすぎた。210×60㎝。
2本目の83Lは長さを215㎝にして最大幅は一緒、テイル幅を変えて前足からテイルにかけてのアウトラインを変えることでターンのドライブ感を変えてみた。
初速、スピード、タックのし易さ等の浮力バランスは格段に増しましたが、マイルド過ぎてONEらしさが抜けてしまった感があった。これはこれで良いが、やはりONEに求めるクイックなターン性能を出したい事を住友氏に伝えた。
100Lは最初の83Lの良い部分を残して長さとウイング形状をいじった。
結果、100Lがすべてにおいて望むものを兼ね備えたボードに仕上がっていました。
最終的に100Lを計測し直し、5本目に83Lの最終形が出来上がりました。
短めで幅があり、ウイングによって急激に幅を絞り薄くしたテイル幅のボードを乗り込んでいくことで思わぬ副産物もある事に気が付きました。
現在のボードはショート&ワイドが主流ですが、優れているのは初速と幅広い風域に対応できる点。
この良さがONEにも備わっていることです。特に小さいサイズ。
このボードに惚れ込んで初号機83Lに乗る上級者の方は、3.7 4.2 5.5㎡の3枚、フィン1本で、検見川や内房のオンショア、冬場の検見川の北西(ガスティーなチョッピーサイドショア)をアンダーからオーバーまでONE1本で楽しんでいます。
ライディングも、以前のTWINフィンで乗っている時よりもターンにスピードがあり、より良い波のセクションでターンを行えていますしスプレーの上がり方も多くなっています!!
もちろん、その方がウインド能力の高い上級者でのことですが、ボード性能の良さを絶賛しています。
1つの波を楽しむボードの形がONEだと言えます。

=総合評価=
△ 悪い   ○ 普通   ◎ 良い ☆非常に良い 
 プレーニングパフォーマンス
 スピード・初速・上り
 アクションパフォーマンス
 
ベーシックフリースタイルアクションや
 ジャンプ等ジャイブ以外のアクション性能
 スピードジャイブ性能  ジャイブの弧の自在性
 波乗り性能 サイドショア/オンショア ◎/☆  浮力バランスや安定感
 コントロール性能 ラフ海面  ☆  装備品のクオリティー
 マッチングSAILタイプ  4バテン~5バテンWAVEセイル。
 おすすめレベル  シングルフィンらしいボードスピードに、胸以下の波で今までにない小回りのドライブターンを望む上級者の方。

 <コメント> 試乗し気が付いたことがあれば追記していきます。
 Date / ゲレンデ 2014年5月 検見川
 コンディション  南西 オンショア ジャスト 膝~腰の波 
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン  2014SIMMER BLACK TIP5.6 / MFC GOYA23・24 
100Lテスト。
23㎝でテストした際には、ONEに求める波乗り性能は存分に感じ取る事が出来ていたのですが、
83Lに22cmで乗っているときのスピード、上り性能、初速性能に比べると少し不満があった。24㎝にサイズアップしたところ、全てが噛み合いました。
最初の急激な踏み込みで得られる反発でスモールWAVEでも思ったようなトップターンに持ち込むことが出来る。
タル目の波でもスピードが得やすい。優れた初速、上り性能とスピード性能。まさにONEに求めるものが全て備わったボードになっていました。
修正したJOINTポジション、FINポジションもセンターでOK。ストラップ位置もOK。ようやく完成が見えた感じです。
調子の良い100Lのスケールダウンで83Lを最終テストします。
 2014/7月 最終プロト83L完成
全て83Lでシェイプしたプロトタイプです。左から1・2・3.最終形です(最終形はclickで拡大出来ます)。
    
 
 1号機。画像提供は千葉ヒデさん 検見川 西南西ストレートオンショア3.7㎡  →千葉ヒデさんHP
 Date / ゲレンデ 2014年7月 検見川
 コンディション  南西 クロスオンショア ジャスト~アンダー 腰~腹の波 
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン  2014SIMMER ICON4.2&EZZY ELITE5.0 フィン:2号機は23㎝ 3号機は22㎝ 
2号機と3号機のテストしました。周りの人は4.5~5.3が多かった。
風が息をしていてガスティーでしたが、4.2・5.0共にジャストのコンディションもありました。
同じコンディションで2本をテスト。マイルドで浮力バランスが良く乗り易さを感じたのは2号機のアウトライン。
しかし波の中での最後の切れ味の良さとスピード性能は3号機の方が断然勝っていました。
波の中での最後のレイルの入り方が良い為にオンショアのパワーの無い小波を遊ぶのにイメージする動きが出来たと思います。
やはりウイングの効果は絶大でした。(ウイング形状は詳細画像で見れます)




画像は全て千葉ひでさん撮影です。何時もありがとうございます。http://chibahide.com/
乗り味は完璧なので、ノーズのアウトラインと厚み。テイルのアウトラインを僅かに増やして完成です。
ノーズとテイルの形状は初号機同様に少し幅を広げて面浮力を出します。
これにより走り出しの良さ、タックのし易さなども確保されます。
2本を工場に持ち込んでシェイパーの人と最終打ち合わせをしました。
黒のラインが最終プロトのアウトライン。
ノーズは赤の線が修正ラインです。テイルは←の位置が元のラインで先端がゆるいRになります。(右側の赤い線は違います)

先端が尖ったアウトラインから右の画像のような緩いRのラインになります。ウイングは左画像の様に強めに入れます。


 Date / ゲレンデ 2014年8月 検見川
 コンディション  南西 クロスオンショア ジャスト~ややアンダー 腰~胸の波 
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン  2014SIMMER ICON4.2 フィン:22㎝
ボードは83L最終形
今までは、お気に入りのMFC GOYA22㎝でテストしてきましたが、3号機でMAUI URTLA FINの22㎝をテストしました。
僅かにベアーしないと走らない乗り味になりましたが、スピード、グリップは抜群でしたし、ジャストの時には上りも抜群でした。一番違いを感じたのはフロントサイドのトップターンの切り返しとバックサイドの切れ味の良さ。GOYAよりも少しルースでクイックな動きになり上級者好みの乗り味でおすすめの1本と言えます。(形状からくるものですね)5.0㎡でも使ってみます。
 Date / ゲレンデ 2014年11月 検見川
 コンディション  西南西 ストレートオンショア ジャスト 腰~腹の波 
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン 
 使用ボード
2015SIMMER BLACKTIP5.0 / EZZY TAKA3バテン4.9 / フィン:MUF X-WAVE22㎝+8㎝
ボードは83L最終形
アウトラインを微調整した最終形の83Lにサイドフィンを付けテストしました。シングルフィンのスピード性能、波乗りのルースな部分を残しつつ適度なグリップ感のあるターンへの入りの良さと、その後のドライブ感がアップ!!いい感触です。
シングルでも乗れるメインフィン+8㎝の小さなサイドフィンの組み合わせは、サイドフィンのサイズを上げてメインフィンを小さくするトライフィン的な使い方よりも走りが軽視されなくてホント都合よく感じています。
今日は検見川の冬に多いストレートオンショアでしたが、走り出し、スピード、上り性能においては十分でした。特に走りの良さは、やはりONEならではの良さを感じます。
ストレートオンショアでしたが、デッドゾーンまでターンをドライブさせやすく、その後のトップターンでもテイルがグリップしすぎずにスライド気味にボードを返しやすいのでセイルに風が溜まらずリップアクションがとてもし易かった。ここで風が溜まってしまうと波のトップが張っていない事が多い風波ではセイルパワーをオフしきれずにトップターンを仕上げる事が難しくなります。掘れた波なら波がボードを返してくれるので問題ないですが。
バックサイドも、いつもより縦のラインを意識して波にアプローチしてみたのですが、エアーが掛けられるほど当て込めます。ウイングの効果もあると思いますしサイドフィンのお陰だと感じます。
クイック過ぎない乗り味、よりフィングリップの強い走り、ドライブの効いた波乗り性能は、同様にサイドフィンを付けてテストした2号機(ブルー)が良いのですが、この乗り味はSUPERNATURALで出せていますし、サイドショアで波の良い時にはラインの変化がし易くドライブさせながらバーチカルに波にアプローチできる2+1があるので、ONEは、他には無い短いボードならではのクイックな切れこみが出来るターン性能になる最終形でいこうと思います。違いがはっきりしているので。
検見川はストレートオンショアになってしまう季節なので、休日にサイドオンショアになるコンディションでもテストできたら再度レポートしますし、違ったフィーリングを味わえたら都度レポートします。
 Date / ゲレンデ 2015年1月 御前崎 千浜南
 コンディション  3.7ジャスト&オーバー / 4.2ジャスト&アンダー 腰~腹の波が中心 
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン 
 使用ボード
2012SIMMER 3.7MISSION-X 5バテン / SIMMER 4.2ICON 5バテン
フィン:MUF X-WAVE22㎝+8㎝
ボードは83L最終形
お店のツアーで御前崎に行ったので、サイドオンショアの強風でテストしました。
波は小さ目でしたが、沖合は御前崎特有の強風風波でオンショアの様なチョッピー海面。うねりは胸~頭ぐらいのも入っていました。
インサイドがガスティーで波数が多い厳しいゲティングもありましたし、全くフィンがグリップしない3.7激オーバーもありました。
上りの良さと、ピッチの短い沖合のうねりでの弧の短いジャイブのし易さは今までにない良さを感じONEの特性の良さを再確認出来ました。8㎝のサイドフィンの効果の威力だと感じます。上手い人はロッカーの強いボードでも自在に乗りこなせると思うのですが、自分はオーバー気味やラフな海面では少しフィンに頼った走りの方が楽にセイリング出来るので、そう言う乗り味のボードの方が好みです。ONEはまさにその乗り味に仕上がっています。3.7コンディションでもコントロールを失わずに本当に楽にアウトサイドに向かいインサイドに上って戻ることが出来ました。ノーズに受ける風波のチョップも全く苦にならず越えて行けます!

波乗りに関しては、ダンパー気味でサイズが小さい速めの波も、サイズはあるけど張りが弱くて下に落としていかないと当て込めない波も、違和感なく楽しむ事が出来ました。特に掘れた速い波での楽しさはONEに求めたとうりの良さで存分に楽しむ事が出来ました。
もちろん、波のサイズや掘れ具合で違うタイプのボードの方が楽しい場合もありますが、特にピッチの短い波でクイックなスモールターンを楽しみたいのならばONEはサイド気味でも抜群だと感じました。
流石に激オーバーでは歯が立ちませんでしたが、最大幅が60.5㎝、テイル幅は37㎝もあるのに、3.7御前崎の強風でも楽に楽しく乗れた結果はボードの良さがしっかり出ていると実感しました。自分が3.7で楽しく乗れていた時(夕方)には、同じくらいの体重の方は3.6に69LのQUADボードで同じように楽しんでいました。3.7激オーバーの時は、70キロの上級者の子が3.8に80Lのボードでも駄目でしたし、周りの人も皆上がってしまいました。その時の風速は灯台で20m/s~22m/sだったそうです。今までのテストライドをふまえて、自分の体重にとって83Lはガスティーでもややオーバー気味でも3.7~5.3までオールマイティーに楽しめるサイズだと言えます。
22㎝のMUFのX-WAVEフィンは、今回のコンディションでは走りに対して小さいと感じませんでした。ただ、当て込むタイミングでスラッシュしやすいので、そこでもグリップが欲しい方は23㎝にすると良いです。
 Date / ゲレンデ 2015年12月 検見川
 コンディション  西南西ストレートオン気味 3.7ジャスト 胸~肩の波 セットは頭 
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン 
 使用ボード
2012SIMMER 3.7 5バテン
フィン:MUF X-WAVE22㎝+8㎝

ボードは83L最終形
サイドフィンの位置を最終調整してから、ケミのストレートオンショア強風で遊べる波サイズに乗れました。
走り出し、その後のスピード感、ターンの切れ味、すべてONEに望んでいるものが満たされていました。
83Lの上に85Lを用意しましたが、アウトラインのバランスは85Lが、より抜群だと感じます。83Lは64キロ以下の方におすすめだと感じます。65キロから70キロぐらいの方が、3.7ジャスト~5.3アンダー気味を1本で楽しむには85Lがベストだと思います。
この動きを疲れると言う方もいると思いますが、オンショアでスピード感があって刻む自在性のある波乗りを楽しみたい方には抜群の仕上がりです。スピード性能を活かしたアクションもバッチリ楽しめます。
実際に他の方の乗ったコメントでも、上記の様に真逆です。疲れると言う方と楽しい!!と言う方の二つです。
 Date / ゲレンデ 2016年8月29日 大洗
 コンディション  波:胸~肩 セットで頭 サイドオフのクリーンなコンディション
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン
 使用ボード 
2017Simmer BlackTip5.0 / サイドK4STUBBY10㎝ メインMFC TRI18㎝RTM
ボードは83L最終形
なかなかテストできないサイドからサイドオフの波の良い状態でテスト出来たのでレポしておきます。
インサイドが少しガスティーで5.0だとアンダー気味、波に乗せればジャストの状態でした。
走り出しは、テストしてきたフィンサイズに比べて良くは無いのですが、ベアーすればWAVEボードとしては十分な性能、後ろ足に頼って上る事は出来ませんが、これもWAVEボードに慣れている方なら必要十分な性能だと感じます。セッティングとしては上級者向けだと言えます。
波に乗った時のスピード感の高さ、レイルを踏んだ時に加速するようなターン性能、特にインサイドの掘れた場所でコントロールして当てたい場所に当てに行くターン性能は抜群です。
サイドオフだったので風下に向けてスピードアップしないと波に乗せづらい状態でしたが、そんな時にも加速感は抜群で良いタイミングで波をとらえていけます。
ワイドな波でスピードの効いたワイドターンをするよりも、インサイド気味の掘れたセクションでコントロール重視の波乗りをしたい時(頭以下ぐらい)には、おすすめのフィンセッティングだと言えます。サーフィンの様な波乗りが楽しめます。
SuperNaturalでおすすめしてきた10㎝のサイドフィンは、ONEには大きくミスマッチに感じていました。同じ10㎝ですがK4は先端がソフトでベース幅が狭く、比べると小さく見えます。逆にSuperNatiralの90LにはK4の10㎝でもマッチングが良いと感じますが、100Lには小さく感じてミスマッチです。
K4の10㎝のおかげでメインフィンを18㎝に下げて乗ることが出来ます。サイドショアの波乗りが楽しいコンディションなら、このフィンのパターンは自分の中でおすすめです。18㎝は少しルースなので83Lには基本は10+19㎝、85と90Lには10+20㎝をおすすめします。
波や風向きの違いによってフィンのセッティングを変えることで、より楽しい波乗りをすることが出来ます参考にしてください。

 Date / ゲレンデ 2016年9月 九十九里
 コンディション  波:胸~肩 セットで頭でメロー 5.0ジャスト~ややアンダー
波:腰~腹 4.2ジャストで波がジャンクなコンディション
風向きはサイド
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン
 使用ボード 
2017Simmer BlackTip5.0&2014icon4.2
サイドK4STUBBY10㎝+メインMFC TRI 18㎝RTMのスラスターとMFC 22㎝シングル
ボードは83L最終形
自分の中で面白い結果が出たのでレポートしておきます。参考にしてみて下さい。
5.0ジャスト~少しアンダー気味で波の面が良くワイドなカービングターンが必用な時には22㎝シングルで抜群に遊べていました。その後、風速アップで4.2ジャスト~少しオーバー気味になり波もスープが増えサイズがダウン気味でジャンクなコンディションに変化。ボードが走り過ぎてコントロールがしづらく感じ10+18をセットしたONEにチェンジ。走りは少し抑えられた感じになりましたが、オーバー気味でセイルから風を抜き気味で走らせること、タイトに波乗りをしてスープセクションに当て込みに行く事が格段に楽になりました。QUAD(2枚のフィンが小さい)がオーバー気味でジャンクな海面の時に楽に遊べるのと原理は同じだと感じます。
コンディションに応じてフィンのセッティングを変えることでボードの楽しめるコンディションを広げるのに有効な方法だと感じます。スラスターのボードを使っている方は試してみる価値ありです。サイドフィンを1~2㎝大きくしてメインフィンを2㎝下げるだけでも効果があると思います。



 Date / ゲレンデ 2016年12月 検見川
 コンディション  波:腹~胸 セットは頭ぐらい メローで面の良い状態 4.2ジャスト
西南西でオン角2~30°のオンショア
 テストライダー 身長170㎝ 体重60㎏
 使用セイル / 使用フィン
 使用ボード 
2014Simmer icon4.2
サイドK4STUBBY10㎝+メインMFC TRI 18㎝RTM
 今年になって色んなコンディションで使ってみて調子よい10+18㎝のフィンのパターンで、冬の検見川のストレートに近いオンショアで乗ってみました。(去年は8+22㎝で乗っていました)フィンが短いので波乗りは調子いいけど走りや上りは・・・って思ていたので。
結果、走り出しも良いし、上りも十分に感じます。シングル22㎝で乗った時には敵いませんが問題なく遊べるレベルです。風波で少し海面が荒れ気味でしたが、走り自体もノーズが食われやすいとか、チョップを拾いすぎて乗りづらいといった症状はありませんでした。
何より、このフィンで乗った時には、ストレートオンに近い状態でも、風があり波の面さえ良ければ、バックサイドもフロントサイドも、クイックでスピード感のある抜群に楽しい波乗りを楽しめます。ラインを小さ目にクイックにコントロールしたいコンディションではONEは最高に楽しませてくれるボードに仕上がったと思います。

このページに関するお問い合わせはduck@duck-wsf.comまでお願いします
 なお、お急ぎの方はお電話をお勧めします。043-279-8630ウインドサーフィンショップダック
 このホームぺージに記載されている会社ならびに製品名は、各社の登録商標または商標です。