試乗レポート
このレポートは、あくまでも試乗した個人の感想ですので、参考としてください。

 SAIL名:2015SIMMER ICON5.6 ラフ428㎝ ブーム174㎝   MODEL:5バテンWAVE 
<総合評価>  △ 悪い   ○ 普通  ◎ 良い  ★非常に良い 
 アンダー性能  操作性
 SPEED性能  セッティングのし易さ
 セイルの軽さ(自重)  プレーニング時の安定感
 ローテ―ション:カムorバテン
 マッチングBOARD  WAVEボードやFreeWaveボード
 おすすめレベル  扱い易いので、あらゆるレベルの方におすすめですが、基本的にオンショアでもサイドショアでも波乗りを主体に楽しみたい方。
 2015SIMMER ICON
WAVEセイルだけで4種類を作るSIMMER。ICONは4バテンの操作性に優れるサイドショア波乗り用のBLACKTIPと、FreeRideボードでも使えるパワーとスピードに優れる5バテンのAPEXの中間の性能を持たせオンショアからサイドショアまでオールラウンドに使える5バテンのWAVEセイルとして位置づけられています。
他のセイル同様に今年はトップ部に多くのカラーQ-PLY(軽くしなやかな網目素材)を使用し自重も使用感も昨年より軽く感じます。
5.6が400のマストで張れるようになったので5.6をテストしました。 
セッティングに関しては、以前よりもリーチが落ち目のダウンテンションになります。アウトホールは、ここ2年同様に強めになります。


 <コメント> 試乗ごとに感じた事があれば追記します。
 Date / ゲレンデ/ ライダー 2015年3月 / 九十九里 / 身長170㎝ 体重60㎏ 
 コンディション  アンダー 風向き:クロスオフ 波:胸~頭  
 使用マスト/ボード/フィン 純正RDM10-400 / バーレーSUPERNATURAL100L / サイド10+メイン23
ブローでウオーターは上がるがアウトに出る際には走らない。波はややトロ目ながらサイズはありました。波乗りをメインに楽しむ九十九里に多いコンディションです。
ゲティングの際に必要な手ごたえは弱めでアンダーが利く感触は少なかった。(かなりアンダーです)少しアウトを緩めると走り出しは良くなりましたが、波の中でスピードがついて進行風と合わせてパワーをゼロにした時にフォイルの安定感が悪く感じました。やはりアウトは引き気味のほうが良いと感じ、再度引きなおして出ました。
ややアウトの波の良いセクションにはブローが入っていたために、テイクオフには十分な手ごたえがあり波に乗るのにストレスは全く無し。このセイルの良さを最も感じたのは波に乗ってからの操作のしやすさでした。
アンダーだったせいもあると思うのですが、波を使ってスピードがついたところからボトムターンに入る際にパワーがありすぎず、自然と手幅が広がり理想のフォームを作れ自在に波のトップにアプローチしていける。そしてセイルの自重の軽さも抜群!
もちろんボードの良さも手伝っての事ですが、セイルの存在が消えてほしいところで消える理想的な使用感で、この日のコンディションを思う存分楽しむ事が出来ました。
同日にパワーのあるAPEX(5バテン)も使えば良かったのですが、出遅れたので両方を使う事は出来ませんでした。次回、使った際に比較してレポートします。
今日のセッティングの場合の使用感だと、パワーがありすぎず波乗りに集中したい風抜けの良いセイルが好みの方にはおすすめに感じました。サイドショアで波サイズがあり下らせ気味で波乗りを楽しんでいくのに都合が良い。
今日のセッティングは、ダウンは表記マイナス0.5㎝、アウトはブームにプリントされている表記で178㎝にしたのでrdmマストだから176㎝(+2㎝)。ただアウトに関しては実際にメジャーで計るとセイルの表記どおりになることが多いので注意。ブーム上のバテンの先端がマストに少し当たるぐらいのアウトのテンションです。
オンショアでパワー重視にしたいのならアウトを調整するれば必要なパワーは得られます。ですが、オンショアでも波乗りを楽しみたいのならアウトは引き気味で浅くセッティングしたほうが良いと感じます。これはBLACKTIPも同じに感じています。ダウンは0.5~1㎝ぐらいの調整ですが、アウトホールはかなり変えて乗ると違いが大きく出ます。
もう少し使わないと分かりませんが、それほどアンダーに優れる感じはないので九十九里のアンダーでも使うのなら、自分の体重でも5.9の方が良いと感じます。5.9でも操作性の良さは十分感じれると思います。しかし、5.6㎡の良さは400のマストで使用出来る事ですね!
■2015年4月 似たようなコンディションでAPEX5.7を使用出来たので追記しておきます。
パワーやスピード性能は、やはりAPEXの方が優れています。FreeRideやFreeWaveボードと合わせて使用したり、波の中でもフラットでもチョッピーな海面でも様々なコンディションで使用するならAPEXがおすすめです。
同じ90~110Lでも、WAVEボードと合わせて使用するならICONやBLACKTIPがおすすめです。より波の中での操作性の良さや軽さからそう感じます。WAVEボードはレイルも薄いですし、FreeWaveボードと同じボリュームでも体感浮力は落ちますから軽くブーム長が短く感じるセイルが使いたくなるからです。又、レディースの方や、自分よりも体重が軽い方で5本バテンのスピード性能とオールラウンド性能が欲しい方はICONは使い勝手が良いでしょう。
BlackTipに比べればICONの方がスピード性能は優れます。逆に操作性はBlackTipの方が優れます。
価格的な事も考えて、ショップでは基本はAPEXとBlackTipを乗る方の好みやコンディションによっておすすめします。
 

このページに関するお問い合わせはduck@duck-wsf.comまでお願いします
 なお、お急ぎの方はお電話をお勧めします。043-279-8630ウインドサーフィンショップダック
 このホームぺージに記載されている会社ならびに製品名は、各社の登録商標または商標です。