試乗レポート
このレポートは、あくまでも試乗した個人の感想ですので、参考としてください。

 SAIL名:2016EZZY ELITE6.4㎡ ノーカム5バテン ラフ456㎝ ブーム179-189㎝  MODEL:WAVE 
<総合評価>  △ 悪い   ○ 普通  ◎ 良い  ★非常に良い 
 アンダー性能  操作性
 SPEED性能  セッティングのし易さ
 セイルの軽さ(自重)  プレーニング時の安定感
 ローテ―ション:カムorバテン
 マッチングBOARD  FreeWave / FreeStyleWave / FreeMove
操作性の良さと適度なトルクとスピード性能を活かして楽しむボードがおすすめ。
 おすすめレベル  ビギナーの方~上級者の方まで。
 2016EZZY ELITE64
2年前に発売され、その軽さ、操作性、適度なプレーニング時の安定感を持つオールラウンドな使用感で多くのファンを引き寄せヒットセールスを続ける4バテンWAVEセイルのELITEに6.4と6.8のライトウインドサイズが追加されました。
6.1までは4バテンですが、新しく追加されたサイズは5バテン。従来からあるTIGERも5バテンですがバテンの配列は均等でした。このELITEの5バテンは4バテンの配列の仕方を変えずに1バテンと2バテンの間に1本を追加し5バテンとしています。そのデザインは試乗してみて色濃く乗り味に反映されていると感じました。
拡大画像を参照してください。
流石EZZYさんだと感じさせるライトウインド用サイズのWAVEセイルを作ったと言えます。
■従来からの4バテンとの違い
・ブーム上下のフォイルの深さが違います。深めに作られるフォイルが4バテンには無い抜群のトルク(アンダー性能)を生み出しています。
・従来のTigerには無い4バテンに近い操作性の良さを感じます。特に波の中で使用した際に顕著に感じます。
・バテン1本分の重量アップは感じられます。
・全体のフォイルの固定力がアップし更にスピード性能がアップしていると感じます。


 <コメント> 試乗ごとに感じた事があれば追記します。
 Date / ゲレンデ/ ライダー 2016年4月 / 九十九里 / 身長170㎝ 体重60㎏
 コンディション   45度サイドオンショア 波:腰~腹 5~6m/sで波に乗せればプレーニングのアンダー 
 使用マスト/ボード/フィン  純正RDM90-430 / SUPERNATURAL100L / サイド12㎝にメイン16㎝のスラスター 
何時もの九十九里らしく波はあるが風は弱いアンダーコンディション。波は、張ってくるまではトロ目ですが掘れた後は一気に崩れるダンパー気味でした。
セッティングしてみて感じたのは、今までの4バテンとは明らかに違うブーム上下の深めのフォイル。お、これは全く違う乗り味になるかな・・・って思いながら出艇。十分な手ごたえを感じる抜群のトルクでスープを越えていくのも楽々。いい使用感です。セイルの柔らかさでブーム上に風を溜めて手ごたえを感じさせるTAKAのそれとは違い、ブーム下と手元にパワーを感じさせるFreeRideセイルのような手ごたえ。波に乗せるのも、その手ごたえのおかげで楽々でしたし、ターン時の加速性能も抜群でした。
でも、驚いたのが波の中での操作性の良さでした。1本追加されたバテンのおかげで重量は確実に増えたなぁ~と感じましたし、やや硬めのブーム上下のフォイルはどうなのかな・・・?って思っていたのですが、操作性に関しても抜群です。WAVEセイルらしいしなやかさがあります。バックサイドもフロンとサイドも違和感なし。6.4を使っている感覚ではありませんでした。6.0ぐらいの使い勝手の良さです。
流石だなぁ~と思います。5バテンTigerの良さであるパワーを持たせつつ、4バテンELITEの操作性の良さを抜群のバランスでミックスさせた使用感を持つセイルに仕上がっています。従来の5バテンとは違う5バテンの配列の仕方が、それを生み出しているのだと思います。
自分の体重であれば、従来の6.1や5.7の4バテンのパワーでも十分に今日のようなライトウインドの波乗りコンディションを楽しめるのですが、70キロ以上の方にとっては、もう少しパワーが欲しいと感じるはずです。そして、従来の6.4以上のWAVEセイルでは、パワーはあるけれど波の中での操作性が・・・と感じる方が多かったと思います。この新しく追加された5バテンの6.4と6.8は、体重が70キロ以上の方のライトウインドでのWAVEセイリングを劇的に楽しいものに変えてくれる良さを持っていると感じました。
 Date / ゲレンデ/ ライダー 2016年5月 / 検見川 / 身長170㎝ 体重60㎏
 コンディション   50度オンショア 波:膝 アンダー~ジャスト 
 使用マスト/ボード/フィン  純正RDM90-430 / NoveNove STYLEWAVE104L / 28㎝シングル 
波乗りの良さは十分な性能を感じたので、走りを主体としたセイリングの面をテストしてみました。使用したボードもシングルフィンのFreeStyleWaveで走りの良さを体感しているボードです。
アップダウンがあり、アンダー気味からジャストまでをテストできました。アンダー時のパワーは従来の4バテン6.1㎡とは明らかに違い優れています。走行時にも走り続けるための適度なパワーを手元に感じつつ、スピードを楽しむためのフォイルの安定感も凌ぐ良さがありました。引き込んで走っても違和感がありません。Tigerほどのパワーではありませんが、その使用感は2016年にマイナーチェンジを受けたLegacyが受け継いでいるので、より走りを意識したFreeRideボードでの使用であればLegacyの6.5やCheetahの6.5を使えば良いと思います。
6.4以上に求められるパワーを持たせつつ、従来の5バテンには無い波の中での操作性を持たせたセイルとして非常に高い完成度を感じます。
唯一、6.1までの軽い使用感は、どうしても5バテンになり無いと感じます。それは仕方が無いと思います。あまりにも軽く作って壊れやすくなってしまってはEZZYセイルのポリシーに反するでしょうから。でも、重く感じると言っても操作性の良さは抜群なので重量バランスは非常に良いです。
 Date / ゲレンデ/ ライダー 2016年6月 / 検見川 / 身長170㎝ 体重60㎏
 コンディション   南東サイド フラット海面 ジャスト 
 使用マスト/ボード/フィン  GAASTRA RDM60-430 / FreeRide130L / 46㎝ 
純正マストでのマッチングは当然良いのでGAASTRAマストでも試乗してみました。セッティングはEZZYマストと変わらないダウンとアウトの数字で、そのまま目で見えるゲージを使用することが可能でした。使用感も全く問題無し。何処のマストでも張れるEZZYセイルらしさでした。
使ったボードは、幅が83㎝もあり重量も9キロと重めのビギナー用のFreeRideボードでしたが、十分に加速させるパワーを持っています。流石にスピードを最大限出すほどのパワーはありませんでしたが、練習中の方や気楽にプレーニングを楽しみたい方なら全く使用に問題を感じないレベルです。逆に操作性の良さを活かして楽しく乗れると感じました。WAVEセイルとはいえ、ほんとオールラウンドな使用感のセイルだと感じるのは4バテンも一緒です。パワーと更なるフォイルの安定感がプラスされたことで更にオールラウンダーだと感じました。
 Date / ゲレンデ / ライダー  2016年8月 / 九十九里 / 身長170㎝ 体重60㎏
 コンディション   アンダーの45度クロスオンショア
 
うねりはセットで頭以上。張ってくるとフロント方向はワイドに崩れてしまう頭~肩の波。
 使用マスト/ボード/フィン   SIMMER RDM8-430 / 2016NOVENOVE STYLEWAVE104L / 付属のマウイフィンFREEWAVE28㎝
風速4~5m/sでアンダーで波に乗せればプレーニングする九十九里に多いコンディション。うねりはセットで頭以上、インサイドはスープが多くアウトに出ればセットにテイクオフして遊べる波でした。
アンダーでもゲティング時の手ごたえが良くバランスを取りやすく、沖合いのセットでパンピングすれば丁度良いタイミングで、うねりからテイクオフが可能なパワーを持っていました。
テイクオフ後はサイズのある波だったので、かなり引き込んでフルスピードでボトムに降りていく状態でしたがドラフトの安定感も抜群。ターンに入ったときのオンオフを含めた操作性も抜群でした。6.4と言うサイズを感じるのはセイルアップの時だけでした。
セッティングは純正のマストを使った時より2cm多めでミディアムでした。今日はミディアムから少しだけミニマム2に近い位置のダウンテンションにミディアムより少し弱いアウトテンション。もう少しアウトを緩めれば、もっとゲティングが楽だったかもしれないです。
現行のSIMMERマストを使った場合には、セイルに表示された26㎝EXTにたいし2㎝プラスの28㎝で使用すれば問題なく使えます。26㎝でミディアムになります。他社マストを使った際のセッティングについてはメーカーのホームページを見ると良く分かります。
ダウンの目安となるゲージをEZZYホームページのセッティングガイドに従ってずらして使用して下さい。
NON EZZYMASTセッティングビデオ

03-Elite-Calibration system for non Ezzy mast from Ezzy Sails on Vimeo.



このページに関するお問い合わせはduck@duck-wsf.comまでお願いします
 なお、お急ぎの方はお電話をお勧めします。043-279-8630ウインドサーフィンショップダック
 このホームぺージに記載されている会社ならびに製品名は、各社の登録商標または商標です
 ページトップへ戻る