試乗レポート
このレポートは、あくまでも試乗した個人の感想ですので、参考としてください。

 SAIL名:2017GAASTRA HYBRID5.6㎡ ラフ435㎝ ブーム178㎝  MODEL:5バテンFREERIDE 
<総合評価>  △ 悪い   ○ 普通  ◎ 良い  ★非常に良い 
 アンダー性能  操作性
 SPEED性能  セッティングのし易さ
 セイルの軽さ(自重)  プレーニング時の安定感
 ローテ―ション:カムorバテン
 マッチングBOARD  FreeRide・FreeStyleWave・FreeMove
 おすすめレベル  ビギナー~プレーニングもこなす中級者の方。
 2017GAASTRA HYBRID
Clickで拡大
GAASTRAのエントリーモデルとして長い間販売されたPILOTに代わり新しく発売されたのがHYBRIDです。Gaastraは2017モデルは全てのセイルがフルモデルチェンジされ、今までとは違うラフカーブを採用しコンスタントカーブになりました。まず感じるのがセイルが軽い使用感になった事ですが、素材を薄くしたのではなくトップとブーム付近のアウトラインを変更したことで、そう感じるのだそうです。強度を落とさずに軽いフィーリングを実現と言う事ですね。ユーザーの方には嬉しい変化です。
2016モデルのPILOTも単なるエントリーモデルとは思えない性能を有していましたが、その良さは引き継がれ、更に風を受けた時の手応えの良さがプラスされています。(アンダー性能UP)ブーム長は短くは無いのですが操作性も格段にアップ。ビギナーの方~中級者の方が一般的に使用するのに必要十二分な性能を有していると感じます。更にパワーやスピード性能が欲しいのであればワンランク上のMATRIXやCOSMICがありますが、特に6.7以下なら、ホント、オールラウンドに使えるセイルだと感じます。バテンも全てがノーマルなので多少の波のある海面で使用しても折れないですし、フラットウオーターのSLALOMセイリングから膝腰の波のある海面で波に乗って遊ぶのに使えます。メインにX-PLYを使用したHDバージョンも出すぐらいですから、様々なセイリングスタイルでマッチする使用感を与えたセイルだと感じます。
ノーマル素材の方は価格もリーズナブル。この価格にして、この性能。実にハイコストパフォーマンスなセイルに仕上がっていると言えます。


 <コメント> 試乗ごとに感じた事があれば追記します。
 Date / ゲレンデ/ ライダー 2016年9月 検見川 身長170㎝体重60㎏
 コンディション  オフショア ブローで大き目のSLALOM7.5の方が走れるぐらい。  
 使用マスト/ボード/フィン 純正60-430RDM / センターボード付き180L / 36㎝ 
オフショアでブローが入れば7.5のSLALOMの方たちが走る、いわゆるライトウインドコンディション。ビギナーの方にオススメする事を考えてスクール用のセンターボード付きボードで試乗してみました。
5.6㎡なのにトルクも十分で同じようにブローで走ることが出来て驚きました。重いスクールボードでも走らせてくれるパワーがある事が確認できましたし、プレーニング時のフォイルの安定感も十分に感じました。アンダー時に、セイルアップやタック、ジャイブと一通りの操作をしてみましたが、セイルは軽いしバテンの返りもソフトでビギナーの方にもオススメの使用感でした。
PILOTよりもアンダー時の手応えが良くなりパワーがアップしていると言えます。

 Date / ゲレンデ / ライダー 2016年9月 御宿(南房総) 身長170㎝体重60㎏
 コンディション  オンショア ガスティーでジャスト・ややアンダー ・ややオーバー気味の全てがありました。
波は膝~腰
 
 使用マスト/ボード/フィン 純正60-430RDM / SUPERNATURAL90L(FreeWave)/ 10+22㎝ 
操作性の良さを感じていたので、ちょっと波のあるオンショアコンディションで中級者以上の方が使う100Lぐらいのボードでの使用感もテストしてみました。走りの面に関してはアンダー~ジャストまでは全く問題を感じない使用感です。スピードの良さも楽しめるし操作性の良さを活かした遊びも楽しめました。ガスティーなコンディションだったのでオーバー気味な時もあり、アウトを引けば走ることは問題ないのですがパワーが落ちてしまい流石にレベルが高い方が使うには不満が出る部分はあるんだなぁ~と感じました。ま、セイルサイズを落とせば問題ないって事なんですけれども。
使ったボードが波の中でも絶好調に遊べるボードだったので、波にも乗せて遊んでみました。オンショアのパワーが無い小さめの波だったので、フロントサイドの最後は本格的な操作性を持つWAVEセイルのような使用感が得られず失速気味になってしまいますが、バックサイドは変わらない操作性の良さでした。ずばり、波やうねりの中で遊ぶにも必要十分な性能は有していると感じました。走って良し曲がって良しのFreeStyleWaveやFreeMoveボードとの相性も良いと言えます。
上級者の方のように、本格的に波の中での動きを楽しみたい方やオーバー気味でスピードを楽しみたい方が使うのであれば、ランクが上のセイルを使用するほうが楽しいのでしょうが、このセイル、かなり高いレベルまで遊ばしてくれる性能を有していることは間違いないと感じました。


このページに関するお問い合わせはduck@duck-wsf.comまでお願いします
 なお、お急ぎの方はお電話をお勧めします。043-279-8630ウインドサーフィンショップダック
 このホームぺージに記載されている会社ならびに製品名は、各社の登録商標または商標です
 ページトップへ戻る