試乗レポート
このレポートは、あくまでも試乗した個人の感想ですので、参考としてください。

 SAIL名:2017SIMMER BLACKTIP5.0 ラフ406㎝ ブーム167㎝  MODEL:4バテンWAVE 
<総合評価>  △ 悪い   ○ 普通  ◎ 良い  ★非常に良い 
 アンダー性能  操作性
 SPEED性能  セッティングのし易さ
 セイルの軽さ(自重)  プレーニング時の安定感
 ローテ―ション:カムorバテン
 マッチングBOARD  WAVEはもちろん、5.3以下ならスピードにも優れるFreeStyleWave等の走り系のボードにもマッチングが良いと感じます。
 おすすめレベル  プレーニングが出来た中級者の方~WAVE上級者。
 2017SIMMER BLACKTIP
Clickで詳細画像
2015年に4バテンとしての完成度の高さに達したと感じる使用感でオススメしているBLACKTIP。年は2016モデルのマイナーチェンジと言えます。
2016モデルも、2015モデルに比べダウンとアウトを引きぎみにしてフォイルを浅くしなくても走行時や波乗り時に風の溜りを感じず抜群の操作性を感じる仕上がりでアンダー性能が格段にアップし、ダウンを0.5プラスしてアウトの引きを強めればオーバー時のフォイルの安定感も完璧と感じていました。
2017モデルも同様で今年は素材の面を更に良くしマイナーチェンジを図った感じです。詳細ページで見てもらえると分かり易いです。
・ジョイントカバーの素材をグレードアップし耐久性をアップ。
・フットパネルに更に目の細かいX-PLY(網目生地)を使用し強度をアップ。ここを破きやすいのがWAVEライディングですから。
・ラフパネルにも同様の生地を使用し耐久性をアップすると共に風を受けた時の反応の良さをアップ加速性能がアップしました。
・トップ付近のパネルレイアウトをシンプルにし強度を落とすことなく軽量化を図りました。使用感が軽くなっています。


 <コメント> 試乗ごとに感じた事があれば追記します。
 Date / ゲレンデ/ ライダー 2016年8月 / 大洗 / 身長170㎝ 体重60㎏ 
 コンディション  風向き:サイドオフ 波:胸~肩セットで頭。  
 使用マスト/ボード/フィン 純正RDM8-400 / バーレーヘッヅONE83L / サイドK4STUBY10㎝+メインMFC RTM TRI18㎝  
異常気象の今年は夏に北東の風が吹いてました。久し振りに動けるタイミングで大洗で良いコンディションに当たりました。
大洗らしく沖合からセットが入ってインサイドに乗りついでいけるサイドオフのGoodコンディション。インサイドはガスティーでしたが、ブローが入れば83Lでもプレーニングしてアウトに向えました。
アンダ―時の手応えの良さが出るように少し深めにセッティングしても波乗り時に風の溜りを感じずスムースに操作できる操作性は2016モデル同様の良さで、セイルのトップが軽くなり使用感の軽さが更にアップしたと感じました。
ここで加速したい時に加速出来て抜けて欲しい時にパワーが抜けてくれるSIMMERらしい抜群の操作性の良さです!
今日はアンダー気味だったのでマイナス0.5㎝のダウンにアウトの調整のみでした。
今年もおすすめですよ!。
 Date / ゲレンデ/ ライダー 2016年11月 / 検見川/ 身長170㎝ 体重60㎏ 
 コンディション  風向き:北西サイド 波は無しで風波で少しチョッピーな海面  
 使用マスト/ボード/フィン 純正RDM8-400 / NoveNove StyleWave104L / K4 FreeStyleWave28㎝ 
今日は走りの面も楽しめるFreeStyleWaveボードでスピードや走行時のフォイルの安定感のテスト。
インサイドは6.0の方も楽しめるぐらいで少しアンダー気味、アウトはジャスト。
アンダー時のパワーも6.0の方が走れば自分も走れていたので十分だと思います。沖合のジャストの風では加速の良さ、走行時のフォイルの安定感、走り続けるための手応えの良さを十分に感じれました。
5.6や5.9㎡などの大き目のサイズになってしまえば少しフォイルの安定感に不満を感じるとは思いますが、5.0と言うサイズでは一切ストレスを感じずに走る楽しさを感じて遊べました。フラットでスピードを求めるセイリングでなければ4バテンのWAVEセイルでも走り系のFreeRideボードで十分に遊べる性能を持っていると言えます。
先日のアンダー気味のWAVEコンディションと合わせて、ダウンのチューニングは表示から±0.5㎝の範囲で良いと思います。アウトホールを引いて浅くするか少し深くするかのチューニングの幅は広くやった方が良いです。基本、ベアーすれば走り出すぐらいのチューニングがジャイブ等の操作がし易くベストです。あまり緩めすぎると安定感に欠けてきますので緩める限界は手応えで分かると思います。
追記
2016モデルは3.7を使用していますが、周りの同じぐらいの体格の方と比較してアンダーはもちろんオーバーセイルも非常に良いと感じています。
皆がオーバーだね~っと言っている中でも意外と楽に乗れちゃってます。
多分、パネルのレイアウトが他社に比べ細かいので、その部分がオーバー時にも安定感のあるセイリングをさせてくれているのだと感じています。
セッティングで気を付けた方が良いのはダウンを引き過ぎずアウトで調整する事。
アウトを引いているのにブローでセイルが引き込みづらく不安定さを感じた時はダウンを引き過ぎている可能性があります。
ダウンを0.5ぐらい緩めてアウトのみで調整してみて下さい。

 


このページに関するお問い合わせはduck@duck-wsf.comまでお願いします
 なお、お急ぎの方はお電話をお勧めします。043-279-8630ウインドサーフィンショップダック
 このホームぺージに記載されている会社ならびに製品名は、各社の登録商標または商標です
 ページトップへ戻る