試乗レポート
このレポートは、あくまでも試乗した個人の感想ですので、参考としてください。

 SAIL名:2018GAASTRA HYBRID6.7㎡  MODEL:ノーカム6バテン FreeRide 
<総合評価>  △ 悪い   ○ 普通  ◎ 良い  ★非常に良い 
 アンダー性能  操作性
 SPEED性能  セッティングのし易さ
 セイルの軽さ(自重)  プレーニング時の安定感
 ローテ―ション:カムorバテン
 マッチングBOARD  FreeRideSlalomボード
 おすすめレベル  ビギナー~中級者の方
 
2018GAASTRA HYBRID

 <コメント> 試乗ごとに感じた事があれば追記します。
 Date / ゲレンデ/ ライダー  2017年11月 / 検見川 / 身長170㎝ 体重60㎏
 コンディション   ストレートオンショアで風波が入りチョッピー。うねりは胸ぐらいで時折崩れる。
 アップダウンが大きくガスティー。
 
 使用マスト/ボード/フィン  純正RDM75-430 / STARBOARD CARVE131L ・FANATIC GEKO112L/ 純正44㎝・純正38㎝ 
2017モデルも非常に良い出来でおすすめしていましたが、今年は更にランクアップさせてきた感じ。
3.7~4.7までは4バテンWAVE。5.2~6.4までは5バテンのCrossOverで操作性とスピードを求めたデザイン。6.7~8.2までは6バテンのノーカムSLALOMセイル。と、1つのシリーズで一般の方がWAVE、中風域用の100L前後のFreeMoveやFreeStyleWave、ライトウインド用は115L以上のFreeRideSlalomと各風域の全ての遊び方をチョイス出来るセイルとしてきました。そのポテンシャルやいかに?
今回は6.7㎡を試乗させてもらいました。
ストレートオンショアで検見川特有の風波が入る難しい海面。風速のアップダウンが大きかったですが、吹いた時に合せて周りの方の多くは100L前後に6.0前後で乗っていました。通常なら自分もそれぐらいで遊ぶと思います。
アップダウンが大きく風が落ちた時は少しアンダー気味の時もあったかな? それでも使用したボードの大きさも130Lと112Lと大き目だったので、周りの方が走らない状態でも快適に走れましたし、ジャイブに入れないぐらいオーバー気味でもスピードは出せないものの風を流して走らせる事はストレスが無いほどのフォイルの安定感を感じました。
セッティングはダウンは表記どうりの450㎝を引ききる為に430のマストで22㎝アップのエクステンション。アウトは193㎝のところを196㎝にして少し引き気味でした。
HYBRIDはランク的にはPILOTの1つ上ですが、その性能の高さは中級者に十分すぎるほどの良さを感じれました。
楽しいと思えるほどのスピード性能はもちろん、セイルの軽さやノーカムによるタックやジャイブのし易さを感じ、最も感じたのはオーバー気味でも、このフォイルの安定感か~凄いなぁ~!って事です。となるとワンランク上のMATRIXはもっと良いのか?って感じです。
非常にコストパフォーマンスの高さを感じれ、プレーニングもこなしジャイブも適度にこなす一般的な週1~2のお休みに楽しんでいる中級者の方に自信を持っておすすめ出来る1枚に仕上がっています。
~追記~
CARVEはジョイントボックスの中心がテイルから135㎝で1㎝ぐらい後ろで引き込み易かった。そのままのセッティングでGEKOに乗ったところ引き込みづらさを感じたのでジョインと位置を一番前に移動させてバッチリになりました。GEKOで最初に使った位置はボードの表記で130㎝の位置、その後は135㎝の位置です。
FreeRideボードは、だいたいテイルエンドから135㎝から133㎝がジョイントボックスの中心になっています。その位置で乗れるボードならマッチングが良いですが、RACE系のボードはテイルエンドからボックスのセンター位置が短くなっていますので引き込みづらさを感じてマッチングしない場合があります。ここがセイルとボードのマッチングで重要な部分です。気を付けて下さい。アンダー気味なら感じないでしょうが、ジャスト以上のコンディションでは、ここを合せないとセイルが引きこめません。基本、FreeRideセイルはFreeRideボードにマッチングする様にデザインされています。



このページに関するお問い合わせはduck@duck-wsf.comまでお願いします
 なお、お急ぎの方はお電話をお勧めします。043-279-8630ウインドサーフィンショップダック
 このホームぺージに記載されている会社ならびに製品名は、各社の登録商標または商標です
 ページトップへ戻る