このレポートは、あくまでも試乗した個人の感想ですので、参考としてください。

 SAIL名:2020SIMMER ICON5.6 ラフ426 ㎝ブーム181㎝  MODEL:5バテンWAVE 
<総合評価>  △ 悪い   ○ 普通  ◎ 良い  ★非常に良い 
 アンダー性能  操作性
 SPEED性能  セッティングのし易さ
 セイルの軽さ(自重)  プレーニング時の安定感
 ローテ―ション:カムorバテン
 マッチングBOARD  波が無い海面で走りも楽しめるFreeWaveやFreeStyleWaveボード、スピードに優れるFreeRideボードでも十分使えるスピード性能です。
 おすすめレベル  プレーニングがしっかりできる中級者の方以上
 2020SIMMERICON
スピード性能、パワー等の基本的にICONに求めている基本性能は2019モデルと変わっていません。
パネルレイアウト大きく変えてラフ長を428から426へと2㎝短くブーム長を178から181㎝と3㎝長くし、より低重心で手元のパワーを上げた感じ。全体の重量は同じなのだと思いますがトップが軽く感じる事、セイルのしなやかさを出すセッティングが可能になった事が違いだと感じます。ブーム上のバテンからトップにかけてラフカーブが強まったようで、トップ付近のマストを通すのが昨年よりも硬くなりました。最後が硬いのでダウンで引いた方が楽です!400のマストで26㎝EXTするせいもあると思います・・・。


 <コメント> 試乗ごとに感じた事があれば追記します。
 Date / ゲレンデ/ ライダー 2019年9月8日 / 検見川 / 身長170㎝ 体重60㎏ 
 コンディション  東~東南東サイドオフ ガスティーでジャスト~ややアンダー 海面はフラット  
 使用マスト/ボード/フィン 純正RDM8-400 / バーレーヘッヅAMAZING WIDE110L Freeride / MFC H1Carbon38㎝ 
 セッティング ダウン-1㎝ぐらい アウトは数字どおりの181㎝ 
今回はスピード性能に優れるFreeRideボードでスピードやパワーの面をテスト。
ブローはジャストだったのでスピードを見るには十分ですし、ガスティーだったのでパワーの面も確かめられました。
まず感じたのがセイルの軽さとブームからトップにかけてのしなやかさが増したこと。19モデルはブーム上のバテンがセイルをロックする為にローテーションが硬く感じましたが今年はWAVEセイルらしくソフト。ソフトですが走行時にもフォイルの安定感は抜群!
FreeRideボードでの加速も(走り出し、ジャイブの立ち上がり)遊ぶには必要十分に感じました。
スピード性能に関しては楽しく遊ぶには十分でWAVEセイルとしては非常に優れていると感じます。
タイミングとコンディションが合えばFreeWaveボードでも使ってみます。


 Date / ゲレンデ/ ライダー 2020年1月21日 / 検見川 / 身長170㎝ 体重60㎏ 
 コンディション  北西 ジャスト~ややオーバー 9~12m/sぐらい 海面は風波でチョッピー 
 使用マスト/ボード/フィン 純正RDM8-400 / バーレーヘッヅStreetRacer110L SLALOM / MFC H1Carbon38㎝ 
 セッティング ダウン表示どうりから+0.5㎝ぐらい アウト数字どおり 
なかなか5.6㎡でWAVE系のボードで乗れるコンディションにならずですが、今回は上級者の方が日常的にスピードを楽しむ為に作ったSLALOMボードで試乗しました。強風用のSLALOM系のセイルは持っていないので、ICONを使ったと言った方が正しいです。
ダウンは表示より僅かに強めました。前回よりも少しカチッとした仕上がりだとは思いますが、風波でチョッピーな海面で乗っていてもセイルが硬すぎて引き込みが安定しないとか、下らせた時にパワーを感じず引き込みずらいとか、ブローが入った時にオンオフがシビアと言った感じは全くありませんでした。
驚いたのは、オーバー気味の十分な風があれば、スピードの面でも必要十分以上の楽しさを味わえてしまうし、ジャイブの立ち上がりも止まらずに走り出せるパワーもあると言う事です。どれだけ高性能なのか?!と思いますが、トッププロのWAVEボードのスピードを考えればSLALOMボード並みなので当然な性能なんだと思います。
WAVE系のボードは、基本はフィンが小さめなのでフィンに乗ってセイルを引き込むことが出来ないから、ここまでオーバーな状態でセイルを引き込んで乗ることは出来ないはずですが、SLALOMボードならガッチリセイルを引き込んで乗れるからセイルのフォイルさえ安定(セイル手が重くならない)していればスピードを楽しむことが出来ます。ICONは、その状態でも使えるほどスピード性能とパワーに優れたセイルだと言えます。
勘違いしないで欲しいのはパワフルだと言う事ではないですよ! 操作し易い安定したパワーだと言う事です。
春らしくなってきたので、そろそろ5.6で乗れる少しライトな風で波のあるコンディションで乗れると思います。すいません時間が取れなくて・・・。


このホームぺージに記載されている会社ならびに製品名は、各社の登録商標または商標です.