FOILセイリング 2021/4/16更新

注意スクールが入っている日は店長が不在です。大変申し訳ございません。詳しい商品説明が必要な方は17:00以降のご来店をお願い致します。
 
ここ3~4年で種類も増え、発売当初よりも乗り易くなる為のセイル、ボード、フォイルの開発が進みました。
自分の中でも乗り込むことでオススメ出来る物が見つかってきましたのでホームページにアップしました。
フォイルセイリングは、7.5㎡に135L前後のボードがプレーニング出来るかどうかの5~6m/sのコンディションで自分の様に体重が軽い(60キロ)方なら6.5~6.0㎡で楽しめます。
ボードは、浮き上がった時にもコントロールし易いと感じるのは幅が74㎝が1つの目安にしています。特に後ろ足の幅とノーズの幅が重要です。
自分がおすすめしているのは、吹いた時には通常のフィンでプレーニングを楽しんで、風が弱い時にはセイルを大きくしないでフォイルで楽しむフォイル兼用スタイルです。セイルパワーが十分になってきた状態でのフォイルセイリングは技術も必要で難しいです。なので、アンダー気味でも遊べるフォイルをおすすめしますし、通常のセイルでもフォイルで乗り易いセッティングをアドバイスしています。
※FOILは通常のフィンとセイル操作が異なり難しい部分もありますので、必ずレクチャーを受けてからご購入下さい。
 お買い上げのお客様には、説明を含めしっかりフォローさせて頂きます。
 RRD、STARBOARD、GAフォイルが試乗用であります。レクチャーを含めて乗りたい方は¥2,000税別(半日)で簡単な説明もさせて頂きます。
 ボードも含めて乗ってみたい方は別途お問い合わせ下さい。
 ご希望のお客様は前日の17:00までにduck@duck-wsf.comにご予約をお願い致します。

BOARD

フォイルで微風を楽しみ、吹いたら通常のフィンでプレーニング楽しみたいフォイル兼用ボードを望む方におすすめのボード。
<通常のボードでフォイルセイリングをする際のアドバイス>
乗れてきた時に浮き上がった際の飛行を安定させるにはセイルを引き込んで常にマスト寄りのパワーで乗りたく感じるはずです。
JOINT位置を通常よりも前(一番前でもいいぐらい)にしてブームを高くした方がセイルを引き込んみやすくなります。
少しづつチューニングして試してみてください。 
お買い得品
2020~ RRD FireMove Y25
2020RRD FireMove Y25
LTE(Wood)
定価265,000税別(フィン・ストラップ付)
販売価格¥215,000税別

リンク2020メーカ―ホームページ

リンク2019モデル110L試乗レポート(20継続品)
110 / 120 / 135Lは2020モデルはグラフィック変更のみの継続です。150LはNewモデルです。
ライトウインドでフォイル中心で遊びたい方なら体重が60キロの方でも135Lは最高の相棒だと思えるぐらい乗り易いです!
110Lに乗っている60歳を超える方も絶賛してくれています。(週に1回乗れるぐらいの普通のサンデーセイラーの中級者の方です)
110と135Lの試乗艇があるので是非乗ってみてください。
長さ ボリューム 重量 FOIL BOX
233cm
74.0cm
110L
7.7㎏ 38㎝
5.5~7.0㎡  在庫状況
234cm
79.0cm
120L
8.1㎏ 40㎝
6.0~8.0㎡  在庫状況  
236cm
85.0cm
135L
8.9㎏ 44㎝
6.5~8.4㎡ 在庫状況
240cm
87.0cm
155L
46㎝
6.5~9.0㎡ 在庫状況  
■120L以上はディープタトルなのでStarBoardやGAのフォイルも使用可能。
■110LはノーマルタトルBOXの深さなのでRRDのFreeRideフォイルが使用可能。
※試乗ご希望のお客様は前日の17:00までにduck@duck-wsf.comにご予約をお願い致します。

2021 TABOU RocketPlus
2020TABOU ROCKET PLUS
2021モデルはカラーリングのみ変更。
11月発売です。
LTD
定価¥250,000税別
販売価格¥219,000税別
CIFデッキ カーボン
定価¥290,000税別
販売価格¥253,000税別

リンクメーカーホームページ

123L試乗レポート
5m/s前後のライトウインドではフォイルを楽しめ、7.5㎡で乗れる風速なら通常のフィンでSLALOMらしいスピード感の高いプレーニングを楽しみたいと考える方に、現在、自分のイチオシはコレ。
試乗会で123LにEZZYのHydraSport6.7㎡+GAのFreeRideフォイルで試乗しましたが、かなりスピードが出た状態でもフォイルの浮き上がりをコントロールし易かったですし、GAのPHANTOM7.9アンダーや2カム7バテン7.2㎡オーバー気味で乗ってみてますが(フィンは37㎝Carbonを使用)いづれのコンディションもバッチリ楽しめました。
LTD製法は中級者以上の方にも十分におすすめできる水切れの良いプレーニング感があり、重量的な面でも十分に軽量で非常にコストパフォーマンスの高い作りです。リペアーをしていて作りの良さをホント感じますので、丈夫さの面でもイチオシです。CIF製法はデッキカーボンの軽量モデルで、より走り出しに優れ心地よいプレーニングを楽しめる作りです。こちらもTabouは良い作り。ショップでも上級者の方が数多く乗っていますが、構造上の弱さからくる修理を受けたことがありません。
LTDで十分な軽さと剛性を兼ね備えていますので、コストパフォーマンスの高さから自分のオススメはLTDです。
123Lの試乗艇があります。是非乗ってみてください。
長さ TAIL30  ボリューム 重量LTD/TEAM FIN BOX
237㎝ 73㎝   113L 7.6/7.1kg タトル38㎝
FOIL BOX
5.5~8.0㎡  在庫状況 LTDメーカーあり / TEAMメーカーあり
237㎝ 77㎝ 50.5㎝ 123L 8.0/7.4kg タトル42㎝
FOIL BOX
5.5~8.5㎡  在庫状況  
237㎝ 81㎝ 52.5㎝ 133L 8.6/7.7kg タトル46㎝
FOIL BOX
6.0~9.0㎡  在庫状況
237㎝ 85㎝   143L kg タトル48㎝
FOIL BOX
6.5~10.0㎡  在庫状況  
※試乗ご希望のお客様は前日の17:00までにduck@duck-wsf.comにご予約をお願い致します。

お買い得品
2020 STAR CARVE

2020STAR CARVE BALSA
BALSA
定価230,000税別(フィン・ストラップ付)
販売価格¥187,000税別

リンク2020メーカ―ホームページ
111Lを本栖湖で試乗させてもらいました。BALSA工法バージョンはフォイルも付けられるので、フォイルとフィンの両方で乗りましたが共に抜群の乗り易さです。スピードの面なら同時に乗ったFUTURA117が良かったですが、マイルドなプレーニング感の乗り易さ、ジャイブの自在性、浮力バランスの良さ、吹いてきた時のフォイルの乗り易さはCARVEの方が良かったです。ノーズの幅と厚みのバランスが良く227㎝と言う短さも感じませんし、アウトラインが丸過ぎて乗りづらい事もありませんでした。
この乗り味は、スピードのみを求めるのではなくノーカムセイルで気軽にレベルの高いプレーニングを楽しみたい色んなボードを乗り継いできたベテランの方にもおすすめです。
長さ テイル幅 ボリューム 重量 FIN BOX
227cm
75cm
 48㎝
111L
7.75㎏ FOIL BOX 38㎝
5.5~7.0㎡ 在庫状況 メーカーあり

フォイル専用ボード。よりライトウインドで安定飛行を楽しみたい方におすすめのボード。 
2021 TABOU AirRide
2021TABOU AIR RIDE
2021モデルはカラーリングのみの変更で継続。
LTD
定価260,000税別 ストラップ付
販売価格¥228,000税別

メーカーホームページ
RACE用のフォイルボードではなく一般の方が楽しみ易い様に考えられたフォイルボードです。
専用で乗るなら幅が広い方がオススメ。

長さ ボリューム 重量 FIN BOX
226㎝ 81㎝ 145L kg FOIL BOX
 在庫状況  
2021 STARBOARD FoilFreeRide
2021STARBOARD FOIL FREERIDE

WOOD
定価243,000税別 ストラップ付
販売価格¥232,000税別
STAR LITE
定価178,000税別 ストラップ付
販売価格¥171,000税別

メーカーホームページ
RACE用のフォイルボードではなく一般の方が楽しみ易い様に考えられたフォイルボードです。
専用で乗るなら幅が広い方がオススメ。

長さ ボリューム 重量 FIN BOX
210㎝ 85㎝ 150L kg FOIL BOX
 在庫状況

SAIL

一番初めにRACE用ではなく、一般の方が楽しくフォイルセイリングを楽しむ為に専用のセイルを開発したのがEZZYセイルです。
もともと4バテンWAVEセイルのEliteやFreeRideセイルのLegacyも使ってフォイルに使い易さを感じていたのもEZZYセイルです。
ダウンの調整でマスト寄りの深めのフォイルを作り易いデザインのセイルだった為だと考えています。
作りももちろん使い易さも含めてEZZYセイルをイチオシしています。
<通常のセイルでフォイルを楽しむ場合のアドバイス>
通常のセイルでフォイルセイリングを楽しむ場合は、ダウンホールを規定値の-2㎝にしてブーム長を規定値にすると良いです。
マスト寄りにセイルパワーを感じるセッティングをすると良い。バックハンドが重くならないようにアウトは緩め過ぎない事。
また、乗れてきた時に浮き上がった際の飛行を安定させるにはセイルを引き込んで常にマスト寄りのパワーで乗りたく感じるはずです。
JOINT位置は通常よりも前(一番前でもいいぐらい)にしてブームを高くした方がセイルを引き込んみやすくなります。
少しづつチューニングして試してみてください。
2021EZZY Hydra2021EZZY HYDRA SPORT

2020モデル6.7㎡試乗レポート

メーカーホームぺージ

21モデル発売まじかです。スペックは変わりません。
フィンでも楽しむけれどスピード性能よりは軽く使い易いセイルでリラックスセイリングを楽しみたい。
どちらかと言えばライトウインドでフォイルを中心に楽しみたいと思う方におすすめなのがHydraSportです。
フォイルセイリングがし易い位置にセイルパワーを作り出すことも出来ますし、フィンで乗る際に乗り易い状態にもチューニングできます。
フィルセイリングは大きなセイルを使わないで楽しみたいのでオススメは6.7か5.7㎡です。
5.7㎡は430マストでもセット可能です。
~ここがおすすめ~
・とにかく軽い。1㎡以上小さいセイルを使っているぐらいの重さです。
・微風時にフォイルを楽しみ易いのももちろんですが、通常のフィンでも抜群にアンダーが効きます。
・チューニング幅がとにかく広い。
サイズ
重量
kg
ラフ
ブーム
バテン
適正マストRDM
ボトム+トップ
定価税別 販売価格税別 
3.7 2.55 353-358 131-141 3+3/4 340+340
4.7 2.98 395-400 151-164 3+3/4 370+400
5.7 3.34 434-439 166-179 3+3/4 400+430
6.7 3.89  454-459 185-199 4+3/4 430+430
8.1 4.27  482-487 209-223 4+3/4 460+460
■マッチングマスト■
純正がBESTですがSIMMERのSX-RDM8やKATANA RDM8もおすすめです。        
2021Hydra価格は未発表
2021継続EZZY Cheetah2020EZZY CHEETAH
■カラー:ブルー / オレンジ

メーカーホームページへ

2020 6.5㎡試乗レポート

フォイルも楽しみたいけれど、吹いた時にはフィンで乗る方が楽しく感じるのでフィンで乗った時のスピード性能を重視したいと感じる方におすすめなのがCheetahです。
EZZYセイルはチューニング次第で、どのセイルもフォイルで乗り易いと感じています。

サイズ ラフ  ブーム   バテン  適正マストRDM 定価  販売価格税別 
6.5 453-456 187-195 6 430(460) \112,000 \98,900
7.0 464-467 194-203 6 460(430) \114,000 \100,600
7.5 475-478 201-210 7 460 \116,000 \102,300
■マッチングマスト■
純正がBESTですがSIMMERのSX-RDM8やKATANA RDM8もおすすめです。       
2020EZZY CHEETAH
ブルー / オレンジ
GA Hybrid2021
2020GA HYBRID6.0㎡
画像は2020モデルです。
2020 6.0㎡試乗レポート

2021モデルは僅かなマイナーチェンジのみでNewカラーになりました。
フォイルでも楽しめますが、通常のフィンでセイリングした際にも十分なプレーニングを楽しめる性能です。
5バテンの5.6~6.4をRDMマストで使うのがおすすめ。 
価格もリーズナブルでまさにハイコストパフォーマンスなセイルです。
サイズ
ラフ
ブーム
適正マスト
定価税別 販売価格税別
5.6 435 178 430(400)RDM ¥75,000 \63,750
6.0 446 188 430RDM ¥77,000 \65,450
6.4 455 194 430RDM ¥79,000 \67,150
■マッチングマスト
GA RDMがイチオシですがKATANA RDM8もマッチング抜群でおすすめ。
     
2021GA HYBRIDブルー / レッド
2021継続EZZY Hydra Pro
20EZZY HYDRA PRO
20EZZY HYDRA PRO
イエロー / オレンジの2カラー

メーカーホームページ

フォイル専用のボードを使ってスピードに優れるフォイルセイリングを楽しみたいと思う方にはProモデルをおすすめします。高速時でも浮きをコントロールし易いデザインになっているはずです。
検見川で、このセイルを使ってセイリングしている方も非常に楽しそうに乗れています。
サイズ
重量
ラフ
ブーム
バテン
適正マストRDM
ボトム+トップ
定価税別 販売価格税別 
4.5 3.05 374379 139-151 4+3/4 370+370 \110,000 \97,200
5.0 3.29 395-400 150-164 4+3/4 370+400 \113,000 \99,800
5.5 3.53 413-418 158-173 4+3/4 400+400 \116,000 \102,300
6.0 3.68 435-440 164-178 4+3/4 400+430 \119,000 \104,900
7.0 3.99 453-458 184-198 4+3/4 430+430 \124,000 \109,200
8.5 4.50 482-487 209-223 4+3/4 460+460 \130,000 \114,300
■マッチングマスト■
純正を使いたいですね。EZZYなので他社でも合うはずですが・・・。       

FOIL 各フォイルの特徴、説明、試乗レポート

発売当初よりも多種多様なフォイルが発売されていますが、ショップでは、フィンだとアンダー気味の時にフォイルを付けると楽しめるタイプをおすすめしています。フォイルは、コンディションによって尾翼の調整、セイルのセッティング、ジョイントの位置を変える事でより楽しく乗れます!  
フォイルは、とてつもなく大きいフィンを付けているようなものなので、通常のフィンでプレーニングするセイルサイズを使用して乗るとオーバーパワーでコントロールが出来ず危険ですし、フォイル用BOXでは無いボードだとBOXを破損させてフォイルを海中に落としてしまったりします。
セイルパワーを上げてスピードを出すフォイルセイリングを望む場合には、フォイル専用のボードと高速型のフォイルが必要です。
体重60キロの自分の感覚ですが、フィンで乗っている方が8.5~9.0㎡の130LクラスのSLALOMがプレーニングするブローがあるなら6.5~7.0㎡。
7.5㎡の方がプレーニングするブローがある場合は6.0~5.5㎡で丁度良いと感じますし、そのサイズで練習した方が良いです。
2021GA HYBRID1200 FOIL
GA HYBRID1200 FOIL 
RRD FreeRide FOIL Y-25
RRD FreeRide FOIL Y-25 
StarBoard SuperCruzer FOIL


STARBOARD SUPERCRUZER FOIL
ディープタトルorパワーボックスのボードに装着可能。(※パワーボックスで使用した際は流木ヒットでフォイル落下に注意してください。リーシュを付ける事をおすすめ)

タトルBOXヘッド 販売価格\140,000税別
パワーBOXヘッド 
販売価格\145,000税別
在庫:タトルヘッド あり

   パワーヘッド 入荷待ち

パワーボックスアダプター単体販売¥25,000税別
<タトル、パワー共に試乗出来ます>
ノーマルタトルボックスのボードにも取り付け可能。

販売価格¥158,000税別
在庫:お取り寄せ
<試乗出来ます>  
ディープタトルボックスのボードに装着可能。

販売価格¥130,000税別
在庫:あり
<試乗出来ます>

※フォイル試乗ご希望のお客様は前日の16:00までにduck@duck-wsf.comにご予約をお願い致します。
 ボードとセイルに関しては、お客様の物をご使用いただいての試乗になります。
 初めてのお客様には簡単なレクチャーをしないと危険なので、フォイルは初めて乗る事を伝えて下さい。
 セイルは自前で、ボードとフォイルの両方で試乗したい場合には、別途¥6,500税別が掛かりますので、ご予約の際にお知らせ下さい。
 なお、ボードも含めてお買い上げいただいた場合には料金は返金させて頂きます。宜しくお願い致します。